スキンクリーム

スキンクリームに保湿効果とエモリエント効果がある訳

スキンクリームには保湿効果とエモリエント効果があるため、肌の乾燥を防ぐのに適した化粧品です。今回はスキンクリームの成分から保湿効果とエモリエント効果がある理由について考えていきます。

スキンクリームに保湿効果とエモリエント効果がある訳

スキンクリームに保湿効果とエモリエント効果がある理由として、水性成分と油性成分が配合されていることが挙げられます。

保湿効果とは水性成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果です。

保湿成分についてはスキンケアで重要な保湿成分の効果という記事で詳しく書いています。

エモリエント効果は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。

スキンクリームが肌の乾燥を防ぐのに適しているのは水性成分と油性成分の両方が配合されているからです。

水性成分と油性成分は混ざりあわないため、そのまま配合しても分離してしまい両方の効果を最大限に得ることが出来ません。

そのため、水性成分と油性成分を界面活性剤型で乳化してクリームにすることで両方の効果を最大限に得ることができます。

乳化については乳液とクリームの特徴と使い分けという記事で詳しく書いています。

スキンクリームの設計図は以下の通りです。

スキンクリーム 設計図

スキンクリームの製造工程は以下の通りです。

スキンクリーム製造方法

スキンクリームの設計図の解説

炭化水素、高級脂肪酸、高級アルコール、エステル油、油脂、シリコンは油性成分です。

油性成分が多く配合されているとエモリエント効果の高いスキンクリームになります。

スキンクリームの代表的な油性成分は以下の通りです。

炭化水素:ミネラルオイル

高級脂肪酸:ステアリン酸

高級アルコール:セタノール、ベヘニルアルコール

エステル油;パルミチン酸エチルヘキシル、トリエチルヘキサノイン、エチルヘキサン酸セチル

油脂:馬油、シア脂、オリーブ果実油

シリコン:ジメチコン、シクロペンタシロキサン

非イオン界面活性剤は水性成分と油性成分を乳化するために配合されています。

非イオン界面活性剤は乳化剤として優れており、親水基と疎水基の種類を変えることで水分が多めのクリーム、油分が多めのクリームの両方を作ることができます。

非イオン界面活性剤として、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、ポリソルベート60、、ステアリン酸PEG100、PEG-60水添ヒマシ油などが挙げられます。

保湿剤としてはグリセリン、BG、DPGなどが挙げられます。

セラミドやヒアルロン酸などを配合したスキンクリームはより保湿効果が高いと考えられます。

*保湿に役立つ化粧品としてコーセープロビジョン【米肌トライアルセット】がおすすめです。約77%OFF相当の14日間お試しセットであり、肌のセラミドを増やす効果が期待できます。

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG