化粧品成分一覧

化粧品成分一覧

化粧品成分一覧です。

化粧品成分検索

ページ内テキスト検索


ページ内テキスト検索でヒットした場合、テキストまでスクロールし、画面上部にて黄色にハイライト表示されます。

カテゴリー検索

保湿成分
アルファベットア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行
植物エキス ア行、 植物エキス カ行、 植物エキス サ行、 植物エキス タ行、 植物エキス ナ行
植物エキス ハ行、 植物エキス マ行、 植物エキス ヤ行、 植物エキス ラ行、 植物エキス ワ行

油性成分
炭化水素高級アルコール高級脂肪酸油脂ロウ(ワックス)エステルシリコンエーテル

界面活性剤
アニオン界面活性剤カチオン界面活性剤両性界面活性剤非イオン界面活性剤

化粧品成分一覧

保湿成分

保湿成分について
肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧品には水分を保持するために保湿成分が配合されています。

保湿成分の特徴として水分子と同じ極性分子であることが挙げられます。

保湿成分は水と同じ極性分子(分子内で電荷に隔たりがある物質)であるため、水と結合し保湿することができます。

水や保湿成分などの物質を構成している最小の粒子を原子と言います。

原子
原子の構造

原子を構成する粒子の内、マイナスの電気を持つ粒子を電子と言います。

水は水素原子(H)と酸素原子(O)の電子が相互作用することで結合し、水分子として存在しています。

分子は物質の性質を表す最小単位の粒子です。

水の構造は以下の図の通りです。

 

水分子

また、各原子によって電子を引き寄せる力が決まっており、その強さの程度を表した値を電気陰性度と言います。

水素原子(H)の電気陰性度は2.2、酸素原子(O)の電気陰性度は3.44です。

この電気陰性度の違いから、水分子のOは少しマイナスに帯電しています。一方で、水分子のHは少しプラスに帯電しています。

分子内で電荷に隔たりがあることを極性と言います。

水は上記の通り分子内で電荷に隔たりがあるため、極性分子に分類されます。

化粧品に配合されている保湿成分も極性分子であり、特に水(H2O)と水素結合する(-OH基)を持っているため保湿効果があります。

保湿成分一覧

アルファベット(保湿成分)

α-グルカン、β-グルカン、α-グルカンオリゴサッカリド、β-カロチン、BG、DPG、PCA、PCA-Na、PEG-6、PEG-8、PEG-20、PEG-30、PEG-32、PEG-75、PEG-150、PEG-400、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル、PEG/PPG/ポリブチレングリコール−8/5/3グリセリン、PG、PPG-9ジグリセリル、PPG-17、PPG-10メチルグルコース、PPG-20メチルグルコース、PPG-24グリセレス-24、RNA-Na、1,2-ヘキサンジオール、3-グリセリルアスコルビン酸

ア行(保湿成分)

アウレオバシジウムプルランス培養物、アシアチコシド、アシアチン酸、アスパラギン酸、アスペルギルス/((カワラヨモギ/ヤグルマギク)花/葉/茎/(ヤマヨモギ/メリッサ/タチジャコウソウ)葉/茎)発酵液、アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液、アスペルギルス培養物、アセタミドエトキシエタノール、アセチルグルコサミン、アセチルグルタミン、アセチルジペプチド-1セチル、アセチルヒアルロン酸Na、アセチルヒドロキシプロリン、アセチルペンタペプチド-55アミド、アテロコラーゲン、アデノシン、アボカド油不けん化物、アミノカプロン酸、アラキルグルコシド(小麦由来)、アラニン、アラントイン、アルカリゲネス産生多糖体、アルギニン、アロエベラ液汁、アロエベラ葉水、アロエベラ葉多糖体

イガイグリコーゲン、異性化糖、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、イソマルト、イソロイシン、イソペンチルジオール、イヌリン、イノシトール、イノシン酸2Na

ウコンカルス溶解質、ウシ除タンパク血液

エクトイン、エチルヘキシルグリセリン、エトキシジグリコール、エリスリトール、エリンギウムマリチムムカルス培養液、エーデルワイスカルス培養エキス、塩化K、塩化Mg、塩化Na、エンドミセス/スミノミザクラ果汁発酵液

温泉水、オリーブカルス培養溶解質、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル、オーキッドエキス

カ行(保湿成分)

海塩、カシア樹皮エキス、加水分解アルギン、加水分解イネ葉エキス、加水分解エラスチン、加水分解エンドウタンパク、加水分解オクラ種子エキス、加水分解カイメン、加水分解クダモノトケイソウ果汁エキス、加水分解酵母タンパク、加水分解コメエキス、加水分解コメヌカエキス、加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、加水分解シロバナルーピンタンパク、加水分解水添デンプン、加水分解ダイズタンパク、加水分解バオバブ種子エキス、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、加水分解ムコ多糖、加水分解野菜タンパク、加水分解卵殻膜、カフェイン、カプリリルグリコール、カプロオイルスフィンゴシン、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カルニチンHCl、カルボキシメチルグルカンNa、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、甘草フラボノイド、ガラクトミセス発酵ろ過水、ガラクトミセス培養液、ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、カルノシン

キシリチルグルコシド、キシリトール、キトサン、キューティバクテリウム顆粒膜発酵エキス、金

グアニル酸2Na、グリシン、グリセリルグルコシド、グリセレス-12、グリセレス-26、グリセリン、グルコシルセラミド、グルコシルトレハロース、グルコシルヘスペリジン、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、グルコノバクター培養液、グルコース、グルタミン酸

酵母発酵エキス、酵母培養液、コメアミノ酸、コメヌカエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメ発酵液、コラーゲン

サ行(保湿成分)

サクシノイルアテロコラーゲン、サクシノグリカン、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、サッカロミセス/コメ発酵液、サッカロミセスセレビシアエエキス、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液、サッカロミセス培養液、サッカロミセス溶解質エキス、サッカロミセス培養溶解質液、サンゴモエキス、サーマスサーモフィルス培養物

シトルリン、シロキクラゲ多糖体、ジグリセリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ジヒドロキシリグノセロイルフィトスフィンゴシン、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、シュードアルテロモナス発酵エキス、シラカンバ樹液、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

水酸化レシチン、スイゼンジノリ多糖体、スイゼンジノリ多糖体(サクラン)、水添ホスファチジルコリン、水溶性コラーゲン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、水溶性プラセンタ、水溶性プロテオグリカン、スクロース、スフィンゴモナス培養エキス、スベリヒユのエキス

セラミドAG、セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、セラミドNG、セラミドNP、セリン、セレブロシド

ソルビトール

タ行(保湿成分)

ダイズイソフラボン、ダイズ粉加水分解物、ダイズステロール、ダイズタンパク、タウリン、ダマスクバラ花水

チアミンHCl、チシマザサ水、チューベロース多糖体、チロシン

ツバキ花水

テトラヒドロピペリン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、デキストラン

糖脂質、豆乳発酵液、トコフェリルリン酸Na、トチャカ、トレオニン、トレハロース

ナ行(保湿成分)

ナイアシン、ナイアシンアミド、ナットウガム

ニコチン酸アミドW、乳酸アンモニウム、乳酸Na、乳酸桿菌/加水分解コラーゲン発酵液エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌発酵液、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、乳酸桿菌培養溶解質、乳酸球菌培養溶解質、乳酸桿菌/パンプキン発酵エキス、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、乳酸球菌/ヒアルロン酸発酵液、乳酸菌発酵液、乳酸菌培養液(牛乳)、尿素

ハ行(保湿成分)

ハチミツ、バリン、パルミチン酸レチノール、パルミトイルテトラペプチド-7、パンテチン、パンテノール、パントテン酸、パントラクトン

ヒアルロン酸K、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒスチジン、ヒスチジンHCl、ヒドロキシエチルウレア、ヒドロキシバルミトイルスフィンガニン、ヒドロキシプロリン、ビオサッカリドガム1、ビオサッカリドガム2、ビオチン、ビフィズス菌発酵エキス、ビフィズス菌培養液、ビフィズス菌培養溶解質、ピリドキシンHCI

フィトスフィンゴシン、フェニルアラニン、プラセンタエキス、プラセンタエキス(ウマ)、プルラン、プロパンジオール、プロポリスエキス、プロポリス抽出物、プロリン

ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、ヘキシレングリコール、ヘパリン類似物質、ベタイン、ペンタペプチド-48、ペンチレングリコール

ホスファチジルコリン、ホスホリルオリゴ糖Ca、ポリHEMAグルコシド、ポリアスパラギン酸Na、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ポリグリセリン-3、ポリグリセリン-10、ポリグルタミン酸、ポリムニアソンチホリア根汁、ポリ(メタクリル酸メトキシPEG-9)、ポリ-ε-リシン、ポリ-γ-グルタミン酸Na

マ行(保湿成分)

マデカシン酸、マデカッソシド、マルチトール、マンニトール

水、ミネラルウォーター

ムコ多糖、無水キシリトール

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、メチオニン、メチルグルセス-10、メチルグルセス-20、メチルセリン、メチルプロパンジオール、メドウフォーム-δ-ラクトン

ヤ行(保湿成分)

ヤシ脂肪酸スクロース、ヤマヨモギ葉水

ユビキノン

葉酸

ラ行(保湿成分)

ライスパワーNo.11、ラフィノース、ラウリン酸スクロース

リシンHCl、リボフラビン、リボフラビンリン酸Na、硫酸Mg

レシチン

ロイシン、ローズ水、ローヤルゼリー

植物エキス ア行(保湿成分)

アケビ茎エキス、アシタバエキス、アシタバ葉/茎エキス、アスナロ枝エキス、アスペルギルス/脱脂ダイズ種子発酵エキス、アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液、アッケシソウエキス、アニゴザントスフラビデュスエキス、アヒバマタエキス、アフラモムムアングスチホリウム種子エキス、アボカドエキス、アマチャヅル葉エキス、アマモエキス、アルゲエキス、アルテア根エキス、アルファルファエキス、アロエベラ葉エキス、アンズ果汁、アンドログラフィスパニクラタエキス、アーモンドエキス

イザヨイバラエキス、イタドリ根エキス、イチジク果実エキス、イチョウ葉エキス、イブキトラノオ根エキス、イモセミルエキス、イリス根エキス、イリスベルシコロルエキス、イワベンケイ根エキス

ウイキョウ果実エキス、ウコン根茎エキス、ウメ果実エキス、ウンシュウミカン果皮エキス

エビヅル葉エキス

オウゴン根エキス、オウレン根エキス、オオウメガサソウ葉エキス、オクラ果実エキス、オタネニンジン根エキス、オタネニンジン果実エキス、オニナベナエキス、オニユリエキス、オランダカイウ花/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、オリーブ果実エキス、オレンジ果皮エキス、オーキッドエキス

植物エキス カ行(保湿成分)

カカオエキス、ガゴメエキス、カシア樹皮エキス、カニナバラ果実エキス、カミツレ花エキス、カラスムギエキス、カラスムギ穀粒エキス、カンゾウ葉エキス、カンゾウ根エキス、ガリカバラ花エキス

キイチゴエキス、キウイエキス、キノアエキス、キハダ樹皮エキス、キュウリ果実エキス

クインスシードエキス、クコ果実エキス、クズ根エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、クランベリー果実エキス、クリサンテルムインジクムエキス、クリスマムマリチマムエキス、クロフサスグリ果実エキス、クロレラエキス、グアバ葉エキス、グレープフルーツ果実エキス

ケイケットウエキス、ゲンノショウコ花/葉/茎エキス

酵母エキス、コウキ葉エキス、紅藻エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、コクシニアインディカ果実エキス、コチョウランエキス、コンフリーカルス培養エキス、ゴボウ根エキス、ゴレンシ葉エキス

植物エキス サ行(保湿成分)

サイタイエキス、サクラ葉エキス、酒粕エキス、サツマイモ根エキス、サッカロミセス/コメ発酵液エキス、サトウキビエキス、サトザクラ花エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、ザクロ果実エキス

シイタケエキス、シソ葉エキス、シゾサッカロミセスポンベエキス、シナノキエキス、シャクヤク花エキス、シャクヤク根エキス、シュクシャ根エキス、シュクシャ花エキス、ショウガ根エキス、シラカンバ樹皮エキス、シロキクラゲ子実体エキス、ジュズダマエキス、ジンギベルカスムナル根エキス

スイカ果実エキス、スイカズラ花エキス、スイートピー花エキス、スギナエキス、スサビノリエキス、スベリヒユエキス

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、セイヨウニンジンボク果実エキス、セイヨウヒイラギ葉エキス、セイヨウメギ樹皮エキス、センニンコク種子エキス、セージ葉エキス、ゼニアオイ花エキス、センキュウエキス、センチフォリアバラ花エキス

ソケイ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス

植物エキス タ行(保湿成分)

タイソウエキス、ダイズ種子エキス、ダイズ発酵エキス、ダイズ芽エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス

チガヤ根エキス、チャ実エキス、チャ葉エキス、チョウセンゴミシ果実エキス、チョウジエキス、チンピエキス

ツバキ花エキス、ツルニンジン根エキス

テルミナリアアルジュナエキス、テンチャエキス、テンニンカ果実エキス

トウキ根エキス、トウキンセンカ花エキス、トウニンエキス、トウロウソウ葉エキス、トチャカエキス、トマト果実エキス、ドクダミエキス

植物エキス ナ行(保湿成分)

ナス果実エキス、ナツメ果実エキス

ノイバラ果実エキス、ノウゼンハレンエキス、ノウゼンハレン花/葉/茎エキス

植物エキス ハ行(保湿成分)

ハイブリッドローズ花エキス、ハス胚芽エキス、ハチミツエキス、ハトムギエキス、ハトムギ種子エキス、ハマメリス葉エキス、ハルパゴフィタム根エキス、バナナ果実エキス、バラエキス、バンウコン根エキス、パイナップル果実エキス、パリエタリアエキス

ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒトリシズカエキス、ビターオレンジ果皮エキス、ビャクダン木エキス、ヒラマメ果実エキス、ビルベリー葉エキス

フウセンカズラ花葉蔓のエキス 、フカスセラツスエキス、フキタンポポ花エキス、フトモモ葉エキス、フユボダイジュ花エキス、ブドウエキス、ブドウ果実エキス、ブドウ芽エキス、プランクトンエキス

ヘチマエキス

ホップエキス、ホホバ葉エキス

植物エキス マ行(保湿成分)

マツエキス、マツリカ花エキス、マドンナリリー根エキス、マヨラナ葉エキス、マンゴスチン樹皮エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス

ミロタムヌスフラベリフォリア葉/茎エキス、ミシマサイコ根エキス

ムクロジ果皮エキス

メシマコブエキス、メロスリア根エキス

モウソウチクたけのこ皮エキス、モモ種子エキス、モモ葉エキス

植物エキス ヤ行(保湿成分)

ヤエヤマアオキ果汁、ヤグルマギク花エキス、ヤマノイモ根エキス

ユズ果実エキス、ユズ種子エキス、ユーカリ葉エキス

ヨモギ葉エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ヨーロッパブナ芽エキス

植物エキス ラ行(保湿成分)

ライム果汁、ラミナリアディギタータエキス、ラプサナコムニス花/葉/茎エキス、ラベンダー花エキス

リンゴ果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、緑藻エキス

レイシエキス、レモンエキス、レモングラス葉/茎エキス、レンゲソウエキス

ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ローヤルゼリーエキス

植物エキス ワ行(保湿成分)

ワイルドタイムエキス、ワカメエキス

油性成分

油性成分について
油性成分は主にエモリエント剤として化粧品に配合されています。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

また、油性成分はクレンジングでは洗浄成分として配合されています。

水と油は分子構造の違いによりそれぞれの性質が異なるため、混ざらない性質があります。

水は極性分子(分子内で電荷に隔たりがある物質)、油は無極性分子(分子内で電荷に隔たりがない物質)です。

化粧品に使用されている油性成分は炭化水素、高級アルコール、高級脂肪酸、油脂、ロウ(ワックス)、エステル、シリコンに分けられます。

分子構造上、無極性分子に近い油性成分ほど水に馴染まない性質があります。

水や油などの物質を構成している最小の粒子を原子と言います。

原子
原子の構造

原子を構成する粒子の内、マイナスの電気を持つ粒子を電子と言います。

水は水素原子(H)と酸素原子(O)の電子が相互作用することで結合し、水分子として存在しています。

分子は物質の性質を表す最小単位の粒子です。

水の構造は以下の図の通りです。

 

水分子

 

また、各原子によって電子を引き寄せる力が決まっており、その強さの程度を表した値を電気陰性度と言います。

水素原子(H)の電気陰性度は2.2、酸素原子(O)の電気陰性度は3.44です。

この電気陰性度の違いから、水分子のOは少しマイナスに帯電しています。一方で、水分子のHは少しプラスに帯電しています。

分子内で電荷に隔たりがあることを極性と言います。

水は上記の通り分子内で電荷に隔たりがあるため、極性分子に分類されます。

一方で、油の構造は以下の図の通りです。

炭化水素

上記の図は炭化水素と呼ばれる炭素原子(C)と水素原子(H)だけできた油性成分です。

炭素(C)の電気陰性度は2.55、水素(H)の電気陰性度は2.2です。

炭素(C)と水素(H)の電気陰性度はほぼ同じであるため、油は分子内における電荷の隔たりがほぼありません。

油は分子内における電荷の隔たりがほぼ無いことから無極性分子に分類されます。

水は極性分子、油は無極性分子です。

極性分子は極性分子同士で混ざる性質があり、無極性分子は無極性分子に混ざりやすい性質があります。

これらのことから水と油は極性が異なるため混ざらない性質があります。

炭化水素

炭化水素は炭素(C)と水素(H)だけでできた油性成分です。

炭化水素(n=1,2,3…..)

炭化水素

炭化水素は無極性分子であるため、極性分子である水と馴染まない性質があります。

炭化水素は高いエモリエント効果があります。

エモリエント効果とは油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。

化粧品に使用されている炭化水素として、スクワラン、ミネラルオイル、ワセリン、流動パラフィン、水添ポリイソブテン、イソドデカン、イソヘキサデカンなどが挙げられます。

高級アルコール

高級アルコールは炭素(C)と水素(H)だけで構成される炭化水素にヒドロキシ基(OH基)が結合した油性成分です。

高級アルコール

高級アルコール

高級アルコールは分子内にヒドロキシ基(OH基)を有しており極性分子であるため、油性成分の中では比較的水に馴染みやすい性質があります。

高級アルコールは主にクリームのかたさ調整剤、乳化補助剤、エモリエント剤として使用されています。

化粧品に使用されている高級アルコールとして、ステアリルアルコール、セタノール、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、オクチルドデカノールなどが挙げられます。

高級脂肪酸

高級脂肪酸は炭素(C)と水素(H)だけで構成される炭化水素にカルボキシ基(COOH基)が結合した油性成分です。

高級脂肪酸

高級脂肪酸

高級脂肪酸は分子内にカルボキシ基(COOH基)を有しており極性分子であるため、油性成分の中では比較的水に馴染みやすい性質があります。

高級脂肪酸は主に水酸化Kなどのアルカリ剤との中和反応により石鹸を合成するのに使用されています。

化粧品に使用されている高級脂肪酸として、ステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸などが挙げられます。

油脂

油脂は高級脂肪酸3分子とグリセリン1分子が結合した油性成分です。

油脂

油脂

油脂は両端を親油基に挟まれており電荷が分散されているため、極性が低く水に馴染みにくい性質があります。

皮膚の水分量は基本的に皮脂、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質によって一定に保たれています。

皮脂は肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ役割があります。

油脂は皮脂の主成分であるため、肌馴染みがよく、高いエモリエント効果があります。

そのため、化粧品においては主にエモリエント剤として使用されています。

化粧品に使用されている油脂としてマカダミアナッツ油、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、馬油、ダイズ油などが挙げられます。

ロウ(ワックス)

ロウ(ワックス)は高級脂肪酸と高級アルコールが結合した油性成分です。

ロウ(ワックス)

ロウ(ワックス)

ロウ(ワックス)は両端を親油基に挟まれており電荷が分散されているため、極性が低く水に馴染みにくい性質があります。

ほとんどのロウ(ワックス)は常温で個体であり、温度安定性、硬度、光沢に優れた特徴があります。

ロウ(ワックス)は主にクリームのかたさ調整、つや向上、エモリエント剤として使用されています。

化粧品に使用されているロウ(ワックス)として、ホホバ油、ミツロウ、キャンデリラロウ、ラノリンなどが挙げられます。

エステル

エステルはカルボン酸とアルコールが脱水縮合した油性成分です。

エステル

エステル

エステルは両端を親油基に挟まれており電荷が分散されているため、極性が低く水に馴染みにくい性質があります。

カルボン酸とアルコールの組み合わせにより様々なエステルが合成されており、最も種類の多い油性成分です。

エステルはエモリエント剤、クリームのかたさ調整剤、光沢付与剤、感触改良剤などとして使用されています。

化粧品に使用されているエステルとして、パルミチン酸エチルヘキシル、エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸セチル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、トリエチルヘキサノインなどが挙げられます。

シリコン

シリコンはSi(ケイ素)という元素で、化粧品などに配合されているのはシリコーンであり、SiO(酸化ケイ素)です。

シリコーンはケイ素(Si)と酸素(O)が鎖状に結合したポリマーです。

シリコーン

シリコン

シリコーンは無極性分子であるため、極性分子である水と馴染まない性質があります。

また、シリコーンは安定性、耐熱性、耐酸化性、撥水性、皮膜形成作用に優れ、サラッとした感触が特徴です。

そのため、シリコーンはべたつきの抑制、コーティング剤、感触改良剤などとして使用されています。

化粧品に使用されているシリコーンとして、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン、シクロメチコン、ジメチコノールなどが挙げられます。

油性成分は分子構造上、無極性分子に近いほど水と馴染まない性質であり、油性成分としての性質が強いです。

そのため、油性成分としての性質の強さは炭化水素>シリコン>エステル>ロウ(ワックス)>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸であると考えられます。

エーテル

エーテルは極性が低く水に馴染みにくい性質があります。

そのため、エモリエント効果があります。

油性成分一覧

炭化水素(油性成分)

(C12-14)イソパラフィン、(C13,14)イソパラフィン、(C13-16)イソパラフィン、イソドデカン、イソヘキサデカン、ウンデカン、オレフィンオリゴマー

合成ワックス

水添ポリ(C6-14オレフィン)、水添ポリイソブテン、水添ポリデセン、スクワラン、スクアレン、セレシン

テトラデセン

パラフィン、ポリエチレン、ポリブテン

マイクロクリスタリンワックス、ミネラルオイル

ワセリン

高級アルコール(油性成分)

アブラナステロールズ、アラキジルアルコール、イソステアリルアルコール、イソセタン、オクチルドデカノール

コレステロール

水添ナタネ油アルコール、ステアリルアルコール、セタノール、セテアリルアルコール

ダイズステロール

フィトステロール、ベヘニルアルコール

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ミリスチルアルコール

ラノリンアルコール

高級脂肪酸(油性成分)

イソステアリン酸、オレイン酸

ステアリン酸

パルミチン酸、ベヘン酸

ミリスチン酸

ラウリン酸

油脂(油性成分)

アブラナ種子油、アボカド油、アマナズナ種子油、アラビアコーヒーノキ種子油、アルガニアスピノサ核油、アンズ核油、アーモンド油、オオアザミ種子油、オリーブ果実油

カカオ脂、カニナバラ果実油、カラノ油、クロフサスグリ種子油、ココグリセリル、ゴマ種子油、コメヌカ油、コメ胚芽油、コリアンダー種子油、コーン油

サフラワー油、サルビアヒスパニカ種子油、シア脂、水添ナタネ種子油、水添パーム核油、水添パーム油、水添ヒマシ油、水添野菜油、水添ヤシ油、スクレロカリアビレア種子油

ダイズ油、チャ種子油、月見草油、ツバキ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、トウモロコシ胚芽油

パーム核油、バオバブ種子油、ババス油、パーム油、ヒポファエラムノイデス果実油、ヒマシ油、ヒマワリ種子油、ヒマワリ油、ピーナッツ油、ブドウ種子油、ヘリクリスムイタリクム花油、ベニバナ種子油、ペンタクレスラマクロロバ種子油

マカダミア種子油、豆油、マンゴー種子脂、メドウフォーム種子油、モルティエレラ油

ヤシ油、ユチャ種子油

リンゴ種子油、ローズヒップ油

ワサビノキ種子油

ロウ(ワックス)(油性成分)

カルナウバロウ、キャンデリラロウ、コメヌカロウ

ヒマワリ種子ロウ、ホホバエステル、ホホバ油

ミツロウ

ラノリン

エステル(油性成分)

アジピン酸ジブチル、安息香酸アルキル(12-15)

イソステアリン酸イソステアリル、イソステアリン酸イソプロピル、イソノナン酸イソトリデシル、イソノナン酸イソノニル

ウンデシレン酸グリセリル

(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、エルカ酸オクチルドデシル

オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、オレイン酸エチル、オレイン酸オレイル、オレイン酸ジヒドロコレステリル、オレイン酸デシル、オレイン酸フィトステリル

(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル、(カプリル・カプリン酸)グリセリル、(カプリル/カプリン酸)ヤシアルキル、(カプリル酸/カプリン酸/コハク酸)トリグリセリル、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド

(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル

水添ココグリセリル

ジイソステアリン酸グリセリル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ジイソノナン酸BG、ジ(カプリル/カプリン酸)PGジカプリン酸PG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジステアリン酸ペンタエリスリチル、ジヘプタン酸ネオペンチルグリコール、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2

ステアリン酸イヌリン、ステアリン酸エチルヘキシル、ステアリン酸水添ヒマシ油、ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル

炭酸ジカプリリル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/ベヘニル)

テトライソステアリン酸スクロース、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル

トリイソステアリン、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、トリエチルヘキサノイン、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパン、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、トリ酢酸テトラステアリン酸スクロース、トリステアリン、トリヒドロキシステアリン、トリベヘニン、トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル

ネオペンタン酸イソステアリル

ノナン酸コレステリル

パルミチン酸アスコルビル、パルミチン酸エチルヘキシル、パルミチン酸セチル

ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油、ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル、(ヒマワリ種子油/水添ヒマワリ種子油)エステルズ

分岐脂肪酸(C10-40)コレステロールエステルズ、分岐脂肪酸(C12-31)コレステリル

ヘキサ脂肪酸(C5-9)ジペンタ エリスリチルエステルズ、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル

ポリステアリン酸スクロース、ポリヒドロキシステアリン酸

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル

ミリスチン酸イソプロピル、ミリスチン酸オクチルドデシル

ラウリン酸ヘキシル、ラウリン酸メチルヘプチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルヒドロキシエチル-β-アラニンNa、酪酸コレステリル、酪酸ジヒドロコレステリル

リシノレイン酸グリセリル、リンゴ酸ジイソステアリル

レチノイン酸トコフェリル

シリコン(油性成分)

PCAジメチコン

カプリリルメチコン

シクロヘキサシロキサン、シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジメチコノール、ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチルポリシロキサン

テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、トリシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸

ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、ビニルジメチコン、フェニルトリメチコン

ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

エーテル(油性成分)

PPG-3ミリスチル

(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル

ジカプリリルエーテル

ヒドロキシアルキル(C16-18)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、バチルアルコール、ポリメチルシルセスキオキサン

界面活性剤

界面活性剤一覧

アニオン界面活性剤

アルキル(C12,13)硫酸TEA、イソステアリン酸K、イソステアリン酸Na、オリーブ油PEG-7カルボン酸Na、オレイン酸Na、オレフィン(14-16)スルホン酸Na

カリ石ケン素地、ココイルアラニンTEA、ココイルイセチオン酸Na、ココイル加水分解ケラチンK、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、ココイル加水分解コラーゲンK、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ココイルグリシンK、ココイルグリシンNa、ココイルグルタミン酸K、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルサルコシンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココイルリンゴアミノ酸Na

ステアリン酸K、ステアリン酸Na、ステアロイルグルタミン酸Na、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアロイルラクチレートNa、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、石鹼

ドデシルベンゼンスルホン酸TEA

パルミチン酸K、パルミチン酸Na、パーム核脂肪酸Na、パーム脂肪酸Na、パーム脂肪酸グルタミン酸Na

ミリスチン酸K、ミリスチン酸Na、ミリストイルグルタミン酸K、ミリストイルグルタミン酸Na

ヤシ脂肪酸K

ラウリルグリコール酢酸Na、ラウロイルメチルアラニンTEA、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリン酸K、ラウリン酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス-6カルボン酸Na、ラウレス-6酢酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイル加水分解シルクNa、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、ラウロイルラクチレートNa

カチオン界面活性剤

塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン

クオタニウム-18、クオタニウム-33、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルアルギニンエチルPCA

ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ジココジモニウムクロリド、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド

ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ベヘントリモニウムクロリド、ベンザルコニウムクロリド

両性界面活性剤

アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、イソステアラミドプロピルベタイン

コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ココアンホプロピオン酸Na

水添レチシン

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン

ミリスチルベタイン

ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウリルベタイン

非イオン界面活性剤

PCAイソステアリン酸 PEG-40水添ヒマシ油、PEG-2カプリリルアミン、PEG-2コカミン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、PEG-10ジメチコン、PEG-30ラノリン、PEG-10水添ヒマシ油、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-50水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-100水添ヒマシ油、PPG-2コカミド、PPG-3コカミド、PPG-4セテス-2

アプリコット核油ポリグリセリル-6エステルズ、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、イソステアリン酸グリセリル、イソステアリン酸ソルビタン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、オレイン酸グリセリル、オレイン酸ソルビタン、オレイン酸ポリグリセリル-10

カプリル酸グリセリル、コカミドDEA、コカミドMEA、コカミドメチルMEA

シア脂グリセレス-8エステルズ、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸PEG-150、ジメチコン(PEG-10/15)クロスポリマー、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸PEG-100、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ソルビタン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、セスキステアリン酸ソルビタン、セテアレス-60ミリスチルグリコール

テトラオレイン酸ソルベス-30、テトラオレイン酸ソルベス-40、デシルグルコシド、トリステアリン酸PEG-20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン

ババス油ポリグリセリル-6エステルズ、パルミチン酸ソルビタン、ベヘナス-30、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ポリソルベート-20、ポリソルベート-60、ポリソルベート-85

ヤシ油アルキルグルコシド、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

ラウラミドDEA、ラウラミドMIPA、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ラウリルグルコシド、ラウリルベタイン、ラウリン酸ソルビタン、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウレス-4、ラウレス-7、ラウレス-21、ラウレス-23、ラウロアンホ酢酸Na、レシチン

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG