乳液 クリーム

乳液とクリームの特徴と使い分け

乳液やクリームを使用したことがあると思います。乳液とクリームにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、乳液やクリームにはどのような役割がありそれぞれどのような特徴があるのかについて考えていきたいと思います。

乳液とクリームの役割と特徴

皮膚を乾燥から守る仕組みとして皮脂膜があげられますが、乳液とクリームは皮脂膜に近い役割があると考えられます。

皮脂膜は皮脂などの油分と汗などの水分から構成されており、肌をコーティングする役割があります。また、皮脂は弱酸性であるため皮脂膜は肌を弱酸性に保ち雑菌の繁殖を抑える役割があります。

乳液とクリームは基本的に油性成分、水性成分、界面活性剤で構成されています。

乳液とクリームの違いは乳液は水性成分が多めでクリームは油性成分が多めであることです。

乳液とクリームの作り方と使用感

油性成分と水性成分は混ざりあわないため界面活性剤により一方をミセルで囲み他方に分散させた状態にします。このように水と油を混ぜ合わせることを乳化といいます。

乳化

乳化釜で撹拌しながら乳化することで乳化粒子を微細にし乳化物の安定性を高めます。

乳化方法

乳液やクリームは油性成分と水性成分を界面活性剤で乳化することで作られています。

乳化時の撹拌力の強さや乳化方法によって乳化粒子の大きさが変わってきます。

乳化粒子の大きさや水性成分、油性成分の配合量の違いは乳液やクリームの使用感に関わっており、水性成分が多いと乳液状、油性成分が多いとクリーム状になり、乳化粒子が小さければそれだけ滑らかな使い心地になり、肌への浸透性が良くなると考えられます。

乳化粒子の大きさの確認の仕方ですが、乳化粒子が小さくなれば小さくなるほど光を反射せず透明になっていくので、乳液やクリームを選ぶ際は透明度を確認すると良いのではないでしょうか。

乳液とクリームの使い分け

乳液は水性成分が多め、クリームは油性成分が多めであることから、自分の肌の状態によって乳液とクリームどちらを使うと良いのかは変わってきます。

乾燥肌;乾燥肌の人は水分量と皮脂量が不足しているため、乳液とクリーム両方使用するのが良いと思います。

普通肌:普通肌の人は水分量は多く、皮脂量は少なめなため、クリームを使用するのが良いと思います。

混合肌:混合肌の人は水分量が少なく、皮脂量が多いため、乳液を使用するのが良いと思います。

脂性肌:脂性肌の人は水分量も皮脂量も多いため、必ずしも乳液やクリームを使用する必要はないかもしれません。

*保湿に役立つクリームとしてティモティア保湿バリアクリームがおすすめです。500円のお試しキャンペーンを実施しており、液晶構造ヒト型セラミドが潤いを保ちながらお肌を守ってくれます。

ティモティア保水バリアクリーム

液晶構造ヒト型セラミドがしっかりと角層に浸透するため潤いを保ちます!