スキンライフ 薬用洗顔フォーム

スキンライフ 薬用洗顔フォームの全成分表示の見方

今回はスキンライフ 薬用洗顔フォームの全成分表示の見方について書いていきます。

スキンライフ 薬用洗顔フォームの全成分表示の見方

スキンライフ 薬用洗顔フォームの全成分表示は以下の通りです。

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸2Kミリスチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンK液、DL-リンゴ酸、ヒアルロン酸Na-2、パパイン、ヨクイニンエキス、デキストリン、グリセリン、BG、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、クエン酸、香料、水酸化K、メチルパラベン

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:保湿成分

スキンライフ 薬用洗顔フォームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、スキンライフ 薬用洗顔フォームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

イソプロピルメチルフェノール:殺菌作用

ニキビの原因と対策という記事で詳しく書いていますが、ニキビの原因は過剰になった皮脂が毛穴に詰まることで、アクネ菌が増殖し、リパーゼという酵素を分泌することで皮脂が遊離脂肪酸という刺激物質となり炎症を起こすことです。

イソプロピルメチルフェノールはアクネ菌に対する殺菌作用があり、アクネ菌の増殖を抑制することで、ニキビを予防します。

グリチルリチン酸2K:抗炎症作用

スキンライフ 薬用洗顔フォームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した洗顔料だと考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンK液(アミノ酸系アニオン界面活性剤):スキンライフ 薬用洗顔フォームの主な洗浄成分

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

スキンライフ 薬用洗顔フォームの主な洗浄成分は石鹸(ミリスチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸+水酸化K)、アミノ酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は中程度だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

DL-リンゴ酸:pH調整剤、ピーリング剤

パパイン:ピーリング剤

ヨクイニンエキス:抗炎症、保湿、美白、抗老化

デキストリン:増粘剤

ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト:増粘剤

クエン酸:pH調整剤

メチルパラベン:防腐剤