美容液

美容液と肌トラブルの予防

美容液は肌の悩みを予防するための訴求成分が多く配合された化粧品です。肌トラブルが起きた後に使用しても効果はありますが、肌の悩みを予防するために使用するとより効果があるようです。

美容液と肌トラブルの予防

美容液の種類として、保湿美容液、美白美容液、エイジングケア美容液などが挙げられます。

保湿美容液

保湿美容液に配合されている保湿成分としてセラミドやヒアルロン酸などが挙げられます。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

保湿成分については以下のスキンケアで重要な保湿成分の効果という記事で詳しく書いています。

スキンケアで重要な保湿成分の効果

保湿美容液は保湿成分を多く配合しているため、高い保湿効果が期待できると考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、保湿美容液は小じわの予防に役立つ化粧品だと考えられます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

保湿美容液は保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ化粧品だと考えられます。

美白美容液

美白美容液に配合されている美白成分としてビタミンC誘導体、プラセンタ、アルブチンなどが挙げられます。

美白成分の効果とシミの予防

上記の美白成分の効果とシミの予防という記事で詳しく書いていますが、ほとんどの美白成分は紫外線によるシミなどを予防する効果があるため、美白美容液を使用することですぐに肌が白くなるということはあまり期待できないと考えられます。

一方で、予防の効果はあるので、肌のターンオーバーにより入れ替わった肌は美白美容液の効果により白い肌であると考えられます。

エイジングケア美容液

エイジングケア美容液に配合されている成分としてレチノール、EGF、ビタミンE誘導体などが挙げられます。

エイジングケアによる肌トラブルの予防

上記のエイジングケアによる肌トラブルの予防という記事で詳しく書いていますが、エイジングケア美容液には抗シワ、抗老化、抗酸化、抗糖化成分などが配合されています。

美容液には化粧水タイプ、乳液タイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプなど様々なタイプがあります。

これは、目的の美容成分の性質によって配合しやすい条件やより効果を発揮できる条件が違うためだと考えられます。

例えば、水溶性の美容成分の場合化粧水タイプ、油溶性の美容成分の場合オイルタイプの化粧品に配合した方がより効果が期待できると考えられます。

目的とする美容成分がどのような性質かというのを知っておくことでより効果的な使い方ができるのではないかと考えられます。

*エイジングケア美容液としてアヤナス リンクルO/L コンセントレートがおすすめです。

【口元のしわ訴求】アヤナストライアルセット潤いエイジングケア<<アヤナス>>トライアルセット2,700円→送料無料980円

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG