美白

美白成分の効果とシミの予防

シミの原因の一つに紫外線が挙げられます。そして美白成分は紫外線によるメラニン生成を抑制することでシミを防ぎます。メラニン生成のメカニズムを知ることは美白成分の効果を理解することに繋がり、シミを予防するために重要であると考えられます。

メラニン生成

紫外線が皮膚に当たり活性酸素が大量に生成されると細胞を酸化させ、サビつかせることで肌を傷つけます。

肌が傷つくことで紫外線が入り込んでくるため、紫外線から肌を守るために表皮の大部分を占めるケラチノサイトがエンドセリンなどの情報伝達物質を分泌することでメラノサイト(メラニン細胞)を活性化しメラニン生成を促します。

メラノサイトの中でチロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素によって酸化されメラニンとなります。

メラニン生成

チロシナーゼがチロシンを酸化しドーパという化合物になり、ドーパを酸化しドーパキノンという化合物になります。ドーパキノンは反応性が高いため自動的にメラニンになります。

メラノサイトで作られたメラニンがケラチノサイトに送られ過剰に蓄積するとシミになります。

美白成分

美白成分にはメラニン生成に関与する酵素(チロシナーゼ)を阻害することでメラニン生成を抑制する成分があります。

美白成分(チロシナーゼ阻害物質)

チロシナーゼ阻害物質

アルブチン:もともとはコケ桃などの植物に含まれる成分。

コウジ酸:麹のコウジ菌が作り出す成分。

エラグ酸:イチゴ由来の成分。

ルシノール:もみの木に含まれる成分をもとに作られた成分。

これらの物質はどれもチロシンやドーパと構造が似ているため、チロシナーゼがチロシンやドーパに作用するのを阻害することができメラニン生成を抑制することができます。

チロシナーゼ阻害の仕組み

このようにチロシナーゼ阻害物質のような美白成分は紫外線によるシミなどを予防するものであり、できてしまったシミをケアする効果は低いと考えられます。

一方で、正常な表皮の生まれ変わりは約28日であり、メラノサイトで作られたメラニンは最後に赤となって剥がれ落ちます。この表皮の生まれ変わりをターンオーバーと言います。

ターンオーバーを正常化し、メラニンの排出を促進する美白成分としてエナジーシグナルAMPリノール酸Sなどがあります。

また、ビタミンC誘導体などは自身が酸化することで相手の酸化を防止し、メラニンを還元することによってメラニン生成の過程の前の物質に戻す働きがある美白成分です。

メラニン生成のメカニズムを知り、美白成分の効果を理解することはシミ予防に重要であります。

また、紫外線対策をし、紫外線が過度に当たらないようにすることもシミ予防には重要であります。

*美白化粧品としてファンケル 無添加ホワイトニング 透明美白1ヵ月集中キットがおすすめです。

無添加ホワイトニング 透明美白1ヵ月集中キット

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG