オーキデ アンペリアル ファンデーション

オーキデ アンペリアル ファンデーションの全成分表示の見方

今回はゲラン オーキデ アンペリアル ファンデーションの全成分表示の見方について書いていきます。

オーキデ アンペリアル ファンデーションの全成分表示の見方

ゲラン オーキデ アンペリアル ファンデーションの全成分表示は以下の通りです。

水、フェニルトリメチコングリセリンジメチコン、エタノール、イソドデカンBG、プロパンジオールメチルトリメチコン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、(アクリレーツ/メタクリル酸ポリトリメチルシロキシ)コポリマー、セルロース、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、オニノヤガラ根エキス、コチョウランエキス、コウキセッコクエキス、ポリウレタン-35、セスキオレイン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、カプリリルグリコール、カラギーナン、香料、安息香酸Na、合成フルオロフロゴパイト、アルミナ、ジステアルジモニウムヘクトライト、ヘキサデセン、水酸化Al、トレハロース、尿素、アデノシン、炭酸プロピレン、メチルプロパンジオール、トコフェロール、ノイバラ果実エキス、ベタイン、イノシトール、セリン、タウリン、ペンチレングリコール、クエン酸、ノウゼンハレン花/葉/茎エキス、アルギン酸Na、ポリアクリル酸グリセリル、プルラン、ヒアルロン酸Na、フェニルプロパノール、1,2-ヘキサンジオール、リン酸2Na、ヘキサペプチド-2、テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、リン酸K(+/-)酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
ファンデーションは肌色の補正や肌の凸凹をカバーをする役割があります。
ファンデーションの仕組みについてはファンデーションの原理と肌の負担を減らす方法という記事で詳しく書いています。

主な油性成分の種類は以下の通りです。

フェニルトリメチコン、ジメチコン、メチルトリメチコン:シリコン

イソドデカン:炭化水素

油性成分としての性質の強さは炭化水素>シリコン>エステル>ロウ(ワックス)>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

エタノール:溶剤

セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン:乳化剤

(アクリレーツ/メタクリル酸ポリトリメチルシロキシ)コポリマー:増粘剤

セルロース:感触改良剤

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン:乳化剤

オニノヤガラ根エキス:整肌成分

コウキセッコクエキス:整肌成分

ポリウレタン-35:皮膜形成剤

セスキオレイン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na:乳化剤

カラギーナン:増粘剤

安息香酸Na:防腐剤

合成フルオロフロゴパイト:着色剤、パール光沢付与(合成フルオロフロゴパイトの表面に酸化チタンを皮膜することでパール光沢を付与)

アルミナ:表面処理剤

ジステアルジモニウムヘクトライト:増粘剤、分散剤(固体粒子を均一に分散させる役割)

ヘキサデセン:溶剤

水酸化Al:表面処理剤

アデノシン:保湿、抗シワ

炭酸プロピレン:溶剤

トコフェロール:酸化防止剤

クエン酸:pH調整剤

アルギン酸Na:pH調整剤、中和剤

ポリアクリル酸グリセリル:増粘剤

フェニルプロパノール:防腐剤

リン酸2Na:pH調整剤

テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル:酸化防止剤

リン酸K:pH調整剤

(+/-)酸化スズ、酸化チタン、酸化鉄:着色剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG