ミルククリーム ヘアトリートメント

ミルククリーム トリートメントの全成分表示の見方

今回はアミノメイソン ディープモイスト ミルククリーム ヘアトリートメントの全成分表示の見方について書いていきます。

ミルククリーム ヘアトリートメントの全成分表示の見方

アミノメイソン ディープモイスト ミルククリーム ヘアトリートメントの全成分表示は以下の通りです。

水、シクロペンタシロキサンステアリルアルコール、セタノールグリセリンパルミチン酸エチルヘキシルステアロキシプロピルトリモニウムクロリドジメチコンハチミツ加水分解カゼイン、加水分解乳タンパクヨーグルト液(牛乳)アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、マンゴー種子油、アボカド油加水分解マンゴスチン果実エキス、加水分解チェリモヤ果実エキス、加水分解マンゴー液汁エキス、ヒアルロン酸Na、アルギニン、クエン酸、PCA、シルクセラミドNP、セラミドAP、セラミドNG、ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コンキオリンヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリンラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールタウリンセテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゼインリシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリンポリクオタニウム-92アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、シスチン、フェニルアラニン、プロリンベヘントリモニウムクロリドチロシンγ-ドコサラクトン、クオタニウム-33コレステロール(羊毛)、ステアリン酸グリセリル、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドPGクオタニウム-18白金ダイズステロールイノシン酸2Na、グアニル酸2Na、クエン酸Na、プロパンジオール、BG、DPGアモジメチコン、フェノキシエタノール、香料

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:コーティング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
ハチミツ以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

加水分解カゼイン、加水分解乳タンパク、セラミドNP、セラミドAP、セラミドNG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-92はキューティクルを接着する役割があり、水分やタンパク質の流出を防ぎ髪を補修することができます。

化粧品で髪を補修するヘアケア方法という記事で詳しく書いていますが、髪を補修する方法として、キューティクルが剥がれるのを防止する方法があります。

キューティクルが剥がれるのを防止する方法としてCMC(細胞膜複合体)を補うことが挙げられます。

CMC(細胞膜複合体)はキューティクル同士やキューティクルとコルテックを接着することで、髪の水分やタンパク質を保持する役割があります。

加水分解カゼイン、加水分解乳タンパク、セラミドNP、セラミドAP、セラミドNG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-92はCMC(細胞膜複合体)と似た機能を持つため、髪を補修することができます。

ケラチン(羽毛):タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

加水分解ケラチン(羽毛):タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

加水分解コンキオリン:毛髪に対する手触り感、ツヤ改善作用

シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール:毛髪への有効成分の浸透を促進し、髪を補修します。

セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

クオタニウム-33:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

洗い流さないトリートメントの成分による効果という記事で詳しく書いていますが、キューティクルは18-MEAと呼ばれる脂質でコーティングされています。

18-MEAは髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

ダメージを受け18-MEAが失われると髪が親水化し水素結合が切れることで髪の痛みに繋がります。

セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、クオタニウム-33は18-MEAと似た機能を持つため、髪を補修することができます。

ゼイン:疎水性の皮膜を形成し髪をコーティングすることで髪の摩擦によるダメージを軽減し、髪を艶のある質感に仕上げます。

γ-ドコサラクトン:加熱により毛髪と結合を形成し髪を補修します。(キューティクル補修、髪のうねり、まとまり改善、髪のハリ、コシ改善。)

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:帯電防止効果、ヘアコンディショニング作用

クオタニウム-18:帯電防止効果、ヘアコンディショニング作用

アミノメイソン ディープモイスト ミルククリーム ヘアトリートメントはヘアコンディショニング剤が多く配合されており、髪の補修効果がとても高いトリートメントだと考えられます。

コーティング剤は  のマーカーで示した成分です。

シリコンによって髪がコーティングされることにより、髪の摩擦によるダメージが軽減されたり、髪が艶のある質感に仕上がります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が髪の水分と結合することで水分の流出を防ぎ、髪の乾燥を防止することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

油性成分の特徴は以下の通りです。

ステアリルアルコール(高級アルコール):かたさ調整や乳化補助剤としての役割があります。

セタノール(高級アルコール):乳化補助剤、感触改良剤です。

パルミチン酸エチルヘキシル(エステル):エモリエント剤

アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、マンゴー種子油、アボカド油(油脂):エモリエント剤

コレステロール(羊毛):エモリエント剤、セラミドの安定化

ダイズステロール:エモリエント剤、セラミドの安定化

エモリエント剤は油性成分が髪をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

コカミドMEA:乳化補助剤、増粘剤

クエン酸Na:pH調整剤

フェノキシエタノール:防腐剤