ローションイドロa n

ローションイドロA Nの全成分表示の見方

今回はローションイドロA Nの全成分表示の見方について書いていきます。

ローションイドロA Nの全成分表示の見方

ローションイドロA Nの全成分表示は以下の通りです。

トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム加水分解シルク液、加水分解コンキオリン液、L-テアニン、トウキエキス(1)、シソエキス(1)、精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、ポリエチレングリコール1500、トレハロース、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、エリスリトール、エデト酸二ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、クエン酸ナトリウム、クエン酸、シロキクラゲ多糖体、キシリット、L-セリン、グリシン、リン酸L-アスコルビルマグネシウム、オウゴンエキス、ローズマリー水、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、サクラ葉抽出液、果糖、ポリオキシエチレンフィトステロール、水素添加大豆リン脂質、エデト酸三ナトリウム、フェノキシエタノール、香料、黄色5号、黄色4号

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分

ローションイドロA Nは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ローションイドロA Nは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

トラネキサム酸:肌荒れを促進するプラスミンというタンパク質分解酵素の生成を抑制する働きがあります。

グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用

ローションイドロA Nは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した化粧水だと考えられます。

また、ローションイドロA Nはシミを予防するのに適した化粧水だと考えられます。

美白成分の効果とシミの予防という記事で詳しく書いていますが、紫外線から肌を守るために表皮の大部分を占めるケラチノサイトが情報伝達物質を分泌することで、メラノサイト(メラニン細胞)を活性化しメラニン生成を促します。

メラノサイトで作られたメラニンがケラチノサイトに送られ過剰に蓄積するとシミになります。

トラネキサム酸はメラニン生成を促す情報伝達物質であるプロスタグランジンの発生を抑制しメラニン生成を阻害する美白効果があります。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用を持つため、紫外線によって引き起こされる炎症を抑制する働きがあり、日焼け後のアフターケアとして使用することでシミを最小限に抑えることができると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

ローションイドロA Nは保湿成分を多く配合しており、かなり保湿効果の高い化粧水だと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

ローションイドロA Nは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ化粧水だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

精製水:基剤

エタノール:溶剤

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル:香料の可溶化剤(香料を化粧品に混ぜる)目的

エデト酸二ナトリウム:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

クエン酸ナトリウム、クエン酸:pH調整剤

リン酸L-アスコルビルマグネシウム:美白、抗炎症、抗老化(コラーゲン産生促進)

オウゴンエキス:保湿、美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

サクラ葉抽出液:抗アレルギー

ポリオキシエチレンフィトステロール:乳化剤

水素添加大豆リン脂質:乳化剤

エデト酸三ナトリウム:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

フェノキシエタノール:防腐剤

黄色5号、黄色4号:着色剤