クレンジング 洗浄方法

クレンジングの洗浄方法の違いと見分け方

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があり、同じクレンジングでも成分や仕組みに違いがあります。クレンジングの洗浄方法の違いを見分けることができれば、自分に合ったクレンジング料を選べるのではないかと考えられます。

クレンジングの洗浄方法の違いと見分け方

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

溶剤型のクレンジング料としてクレンジングオイルが挙げられます。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型のクレンジング料としてクレンジングジェルが挙げられます。

クレンジング料の種類についてはクレンジングの種類と特徴という記事で詳しく書いています。

クレンジングオイルとクレンジングジェルはどちらもクレンジング料ですが配合されている成分が違っています。

配合されている成分の違いからクレンジングの洗浄方法の違いを見分けることができます。

クレンジングオイルの設計図は以下の通りです

クレンジングオイル設計図

クレンジングジェルの設計図は以下の通りです。

クレンジングジェル設計図

クレンジングオイルとクレンジングジェルの設計図の解説

クレンジングオイル

クレンジングオイルは油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

主成分である油性成分には炭化水素、エステル、油脂などが配合されています。

有名な成分として、炭化水素はミネラルオイル、エステルはエチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸エチルヘキシル、油脂はマカダミアナッツ油、オリーブ果実油などが挙げられます。

非イオン界面活性剤は油性成分で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

非イオン界面活性剤としてイソステアリン酸PEG-8グリセリルなどが挙げられます。

オイル系クレンジング料は脱脂力が弱く肌負担が少ない油脂系が良いと考えられます。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは保湿剤であるグリセリンやDPGなどの多価アルコールと非イオン界面活性剤が作る液晶の中に化粧(油性成分)を包み込むことで化粧(油性成分)を落とすことができます

液晶とは固体と液体の中間の状態にある物質です。

非イオン界面活性剤としてヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルなどが挙げられます。

カルボマー(高分子合成ポリマー)はクレンジングをジェル状にするために配合されています。

カルボマー(高分子合成ポリマー)を水酸化Kで中和すると網目状の結合を形成しジェル状のクレンジングを作ることができます。

ジェル状にすることで肌の摩擦を軽減できるのではないかと考えられます。

*肌に優しいクレンジングとしてアニュモイスチャークレンジングオイルがおすすめです。初回23%OFF、30日間返金保証があり、汚れをしっかり落としながら必要な潤いを残すことができます。

アニュ

【アニュオールイン幹細胞クレンジング 】初回限定キャンペーン実施中!

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG