クレンジング

クレンジングの種類と特徴

 メイクを落とす目的でクレンジング料を使用していると思います。クレンジングは肌に負担がかかるため、できるだけ肌に負担がかからないクレンジング料を使用することは重要だと考えられます。今回はクレンジングの種類と特徴について書いていきます。

クレンジングの種類と特徴

メイクアップ化粧品や日焼け止めなどは基本的に油性成分が多く含まれています。

油性成分は酸化すると過酸化脂質になり肌荒れ原因となるため、クレンジングで落とす必要があります。

クレンジングの種類

クレンジング料は油で落とすタイプと界面活性剤で落とすタイプがあります。

油で落とすタイプ:オイル系、クリーム系

界面活性剤で落とすタイプ:ローション系、リキッド・ジェル系、ミルク系

落とせるメイクの目安

使用したメイクの油分量に近い油分量のクレンジング料を使うとメイクを落としやすいと考えられます。

オイル系:ウォータープルーフの日焼け止め、アイライナー、マスカラ

クリーム系:リキッドファンデーション

ミルク系、リキッド・ジェル系:BBクリーム

ローション系:パウダーミネラルファンデーション

一方で、クレンジングは脱脂力と摩擦力が強いほど肌に負担がかかるため、脱脂力と摩擦力を考慮して選ぶ必要があると考えられます。

オイル系クレンジング料

オイル系クレンジング料はオイルの種類で炭化水素系、エステル系、油脂系に分けられます。

炭化水素系;ミネラルオイル、流動パラフィン、スクワラン、ワセリン

エステル系:ホホバ油、パルミチン酸イソプロピル

油脂系:マカダミアナッツ油、馬油、アボカド油、コメヌカ油、椿油

脱脂力の強さは炭化水素系>エステル系>油脂系です。

オイル系クレンジング料は脱脂力が弱く肌負担が少ない油脂系が良いと考えられます。また、油脂は皮脂の成分と近いため、使用後に乾燥しにくいです。

一方で、油脂は酸化しやすく、酸化した油は肌の老化につながるため、酸化しにくいマカダミアナッツ油やアボカド油、コメヌカ油などが良いと考えられます。

クリーム系クレンジング料

クリーム系クレンジング料は脱脂力や摩擦力のバランスがよくクレンジングに適していると考えられます。

ミルク系、リキッド・ジェル系クレンジング料

ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系は界面活性剤でメイクを落とすため、洗浄力が弱くクレンジングに時間がかかってしまうことや摩擦によって落とすことで肌に負担がかかってしまうと考えられます。

これらのことから、油脂系クレンジング料、クリーム系クレンジング料がクレンジングに適していると考えられます。

*肌に優しいクレンジングとしてアニュモイスチャークレンジングオイルがおすすめです。初回23%OFF、30日間返金保証があり、汚れをしっかり落としながら必要な潤いを残すことができます。

アニュ

【アニュオールイン幹細胞クレンジング 】初回限定キャンペーン実施中!

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG