洗顔

洗顔料の種類と特徴

洗顔は水だけでは落ちない汚れを落とすのが目的だと思います。様々な種類の洗顔料があり、洗浄力に違いがあるため、自分の肌に合った洗顔料を選ぶことは重要だと考えられます。今回は洗顔料の種類と特徴について書いていきます。

洗顔料の種類と特徴

洗顔料の洗浄成分は主に石鹸系アニオン界面活性剤、カルボン酸系アニオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤に分けられます。

石鹸が洗浄成分の洗顔料

ほとんどの洗顔料の洗浄成分は石鹸です。

石鹸の性質から考える刺激の強さ

上記の石鹸の性質考える刺激の強さという記事で詳しく書いていますが、石鹸は高級脂肪酸または油脂と水酸化ナトリウムや水酸化カリウムといったアルカリ性の物質を中和反応してできたアニオン界面活性剤です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸)は弱酸性であり、水酸化Kは強塩基性(強アルカリ性)です。

そのため、石鹸は弱塩基性(弱アルカリ性)です。

人の肌は弱酸性に保たれているため、弱塩基性の石鹸は肌にとって刺激となります。

そのため、石鹸が洗浄成分の洗顔料は比較的肌の強い人や脂性肌の人に適した洗顔料だと考えられます。

表示名称はカリ石鹸素地、またはラウリン酸K、ミリスチン酸K、パルミチン酸K、ステアリン酸K、もしくはラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化カリウムと書かれています。

一方で、肌が弱い人は石鹸が洗浄成分の洗顔料より、洗浄力や刺激性が弱い洗浄成分が使われた洗顔料を使用した方が良いと考えられます。

カルボン酸系アニオン界面活性剤が洗浄成分の洗顔料

カルボン酸系アニオン界面活性剤としてラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス-5カルボン酸na、ラウレス-6カルボン酸naなどが挙げられます。

カルボン酸系アニオン界面活性剤は弱酸性のアニオン界面活性剤であり、石鹸が洗浄成分の洗顔料より刺激性が弱いので肌が弱い人に適していると考えられます。

アミノ酸系アニオン界面活性剤が洗浄成分の洗顔料

アミノ酸系アニオン界面活性剤としてココイルグルタミン酸Naが挙げられます。

ココイルグルタミン酸Naは界面活性剤の親水基が酸性のアミノ酸で構成されているため、刺激性が弱く、洗浄力が弱いため肌が弱い人に適していると考えられます。

アミノ酸系アニオン界面活性剤としてココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸K、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンNa、ココイルグリシンK、ココイルグリシンTEA、ココイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルアスパラギン酸Naなどが挙げられます。

洗顔料は石鹸、シャンプー、ボディソープ同様、泡立てて使用することで肌への負担を軽減することができると考えられます。

洗顔が必要かどうかについては人それぞれだと考えられます。

オイリー肌の人は洗顔をした方が肌の調子を整えることができるのではないかと考えられます。

一方で、乾燥肌や敏感肌の人はお湯だけで洗顔をした方が肌の調子が良い場合も考えられるのではないでしょうか。

*低刺激な洗顔料としてマスターホワイトフェイスソープがおすすめです。初回お試し50%OFF、30日間返金保証付きであり、超微粒子の吸着泡で肌に負担をかけずに汚れを落とすことができます。

マスターホワイト美白洗顔

【初回半額】美白洗顔マスターホワイトフェイスソープ

ダブル洗顔の必要性

ダブル洗顔はクレンジング料が肌に残らないようにクレンジング料を洗顔料で落とすことです。

ダブル洗顔が必要かどうかは使用するクレンジング料によってある程度決まってきます。

クレンジング料が主に界面活性剤でメイクを落とす、リキッド、ミルクタイプの場合ダブル洗顔は必要ないと考えられます。

一方で、クレンジング料が油でメイクを落とす、オイルやクリームタイプの場合ダブル洗顔が必要になってくると考えられます。

ダブル洗顔が必要である場合と必要ない場合を見極めることで肌の負担を軽減できると考えられます。