アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタ

アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタの全成分表示の見方

今回はアスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタの全成分表示の見方について書いていきます。

アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタの全成分表示の見方

アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタの全成分表示は以下の通りです。

アルブチンベタイン、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、濃グリセリン、BG、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、水溶性コラーゲン液、コラーゲン・トリペプチド F、N-オレオイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、ステアロイルオキシヘプタコサノイルフィトスフィンゴシン、ツボクサエキス、フェルラ酸、ビルベリー葉エキス、カンゾウ葉エキス、アセンヤクエキス、マロニエエキス、天然ビタミンE、グリセリン、香料、ステアロイルグルタミン酸Na、グリセリンエチルヘキシルエーテル、イソステアリン酸、BHT、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、オレイン酸、グリセリン脂肪酸エステル、メチルパラベン、コレステロール、ミリスチン酸デカグリセリル、大豆リン脂質、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール、水酸化Na、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、ルチングルコシド、無水エタノール

美白美容液
  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分

アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

そのため、アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタは化粧品に比べて高い美白効果が期待できると考えられます。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

アルブチンはメラニン生成に関与する酵素(チロシナーゼ)を阻害することでメラニン生成を抑制します。

美白成分の効果とシミの予防という記事で詳しく書いていますが、美白成分は紫外線によるメラニン生成を抑制することでシミを防ぎます。

紫外線から肌を守るために表皮の大部分を占めるケラチノサイトが情報伝達物質を分泌することで、メラノサイト(メラニン細胞)を活性化しメラニン生成を促します。

メラノサイトで作られたメラニンがケラチノサイトに送られ過剰に蓄積するとシミになります。

メラノサイト(メラニン細胞)の中でチロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素によって、チロシン➡ドーパ➡ドーパキノン➡メラニンという順で酸化されメラニンとなります。

アルブチンはチロシンやドーパと構造が似ているため、チロシナーゼがチロシンやドーパに作用するのを阻害することができメラニン生成を抑制することができます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い美容液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体:増粘剤

アスタキサンチン液:抗酸化、抗炎症、美白、抗老化、保湿

ビルベリー葉エキス:抗酸化、抗老化

カンゾウ葉エキス:抗炎症

アセンヤクエキス:肌のバリア機能改善

マロニエエキス:抗炎症

天然ビタミンE:抗酸化、血行促進

ステアロイルグルタミン酸Na:乳化剤

イソステアリン酸:感触改良剤

BHT:酸化防止剤

POE・POPデシルテトラデシルエーテル:香料の可溶化剤(香料を化粧品に混ぜる)目的

オレイン酸:感触改良剤

グリセリン脂肪酸エステル:乳化剤

メチルパラベン:防腐剤

コレステロール:ナノ化による保湿成分の浸透促進

ミリスチン酸デカグリセリル;乳化剤

大豆リン脂質:ナノ化による保湿成分の浸透促進

ピロ亜硫酸Na:酸化防止剤

フェノキシエタノール:防腐剤

水酸化Na:pH調整剤、中和剤

オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル:乳化剤

ルチングルコシド:抗酸化

無水エタノール:溶剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG