ザーネクリーム

ザーネクリームの全成分表示の見方

今回はザーネクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

ザーネクリームの全成分表示の見方

ザーネクリームの全成分表示は以下の通りです。

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)、グリチルリチン酸二カリウムオクチルドデカノール、吸着精製ラノリングリセリン、クレゾール、香料、自己乳化型ステアリン酸プロピレングリコール、ジプロピレングリコールシリコーン樹脂、セトステアリルアルコール、d-δ-トコフェロール、パラフィン、パラベン、部分水素添加大豆リン脂質、ベンジルアルコール、飽和脂肪酸セチル、ミリスチン酸イソプロピル、モノステアリン酸グリセリン、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ラウリルリン酸ナトリウム

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

ザーネクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ザーネクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE):血行促進、抗酸化作用

エイジングケアによる肌トラブルの予防という記事で詳しく書いていますが、肌が酸化すると本来の機能を失い肌トラブルの原因となります。

細胞膜はリン脂質によって構成されており、リン脂質はリン酸と脂肪酸でできています。

そのため、反応性の高い活性酸素によって肌が酸化されるとリン脂質の脂肪酸が酸化されて過酸化脂質となり細胞膜が破壊されてしまうことで肌荒れに繋がります。

酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)は脂肪酸の酸化を防ぎ、過酸化脂質を抑制することで肌荒れを防止します。

グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症作用

ザーネクリームは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適したクリームだと考えられます。

また、ザーネクリームはシミを予防するのに適したクリームだと考えられます。

グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症作用を持つため、紫外線によって引き起こされる炎症を抑制する働きがあり、日焼け後のアフターケアとして使用することでシミを最小限に抑えることができると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分は肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

クレゾール:防腐剤

自己乳化型ステアリン酸プロピレングリコール、部分水素添加大豆リン脂質、モノステアリン酸グリセリン、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ラウリルリン酸ナトリウム:乳化剤

d-δ-トコフェロール:酸化防止剤

パラベン:防腐剤

ベンジルアルコール:溶剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG