リンクルナイトクリーム

リンクルナイトクリームの全成分表示の見方

今回はリンクルナイトクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

リンクルナイトクリームの全成分表示の見方

リンクルナイトクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、BG、グリセリンスクワラン、ミリスチン酸オクチルドデシル、バチルアルコール、ジメチコン、水添パーム核油、ステアリン酸、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ベヘニルアルコール豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパク、レチノール、ダイズイソフラボン、パルミチン酸レチノール、セラミドNG、PEG-60水添ヒマシ油、アルギニン、エタノール、カルボマー、カンゾウ根エキス、キサンタンガム、シクロデキストリン、シクロペンタシロキサンセラミドAP、セラミドNPダイズステロール、トコフェロール、パーム核油、パーム油、ポリソルベート20、ポリソルベート80、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)レシチン、水添レシチン、メチルパラベン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、水分を保持するために保湿成分が配合されています。

保湿成分は肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸ポリグリセリル-10:乳化剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

レチノール:保湿、抗シワ

PEG-60水添ヒマシ油:乳化剤

アルギニン:pH調整剤

エタノール:溶剤

カルボマー:増粘剤

カンゾウ根エキス:抗炎症

キサンタンガム:増粘剤

シクロデキストリン:不安定成分の安定化、増粘剤、可溶化剤

トコフェロール:酸化防止剤

ポリソルベート20:乳化剤

ポリソルベート80:乳化剤

ミリスチン酸ポリグリセリル-10:乳化剤

水添レシチン:乳化剤

メチルパラベン:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG