アルティミューン パワライジング コンセントレート n

アルティミューン パワライジング コンセントレート Nの全成分表示の見方

今回はアルティミューン パワライジング コンセントレート Nの全成分表示の見方について書いていきます。

アルティミューン パワライジング コンセントレート Nの全成分表示の見方

アルティミューン パワライジング コンセントレート Nの全成分表示は以下の通りです。

水、変性アルコール、グリセリン、BG、PEG/PPG-17/4ジメチルエーテルシクロヘキサシロキサン、トリエチルヘキサノイン、ジメチコントレハロース(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー、PEG-14M、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、酢酸トコフェロール、ローズ水、ラウリルベタイン、イチョウ葉エキス、マヨラナ葉エキス、ハス胚芽エキス、カルボキシメチルグルカンNa、ワイルドタイムエキス、シソ葉エキス、イリス根エキス、レイシエキス、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、水酸化K、シリカ、イソセテス-10、エタノール、BHT、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

変性アルコール:清涼感付与、溶剤

(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー:増粘剤

PEG-14M:乳化補助剤、増粘剤

酢酸トコフェロール:抗酸化

ラウリルベタイン:増粘剤

イチョウ葉エキス:抗酸化、血行促進

マヨラナ葉エキス:保湿、抗炎症、美白

カルボキシメチルグルカンNa:保湿、抗酸化、肌の再生、増粘剤

レイシエキス:保湿、抗炎症、抗アレルギー

アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

水酸化K:pH調整剤、中和剤

シリカ:ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

イソセテス-10:乳化剤

エタノール:溶剤

BHT:酸化防止剤

炭酸水素Na:中和剤

フェノキシエタノール:防腐剤

安息香酸Na:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG