成功

想像以上に地味な成功する秘訣

何かを成し遂げた人や成功している人を見ると、才能、能力、運があり楽に成功しているように見えがちですが、成功する秘訣というのは想像以上に地味であると考えられます。

成功する秘訣

成功する秘訣は成功するまで続けることです。

成功する方法を知らないという人は成功している人は才能、能力、運があるから成功しており自分にはできないと思っている人が多いと思います。

一方で、成功するまで続けたから成功したのであって、成功するための方法というのは認めたくないほど単純な方法だと考えられます。

多くの人は成功した時点でその成功した人を知るので羨ましいと思うかもしれませんが、成功するまで続けるというのは、計画➡実行➡失敗を計画➡実行➡成功になるまで続けることであって羨ましいと思われる経験よりも失敗した経験の方が多いのではないでしょうか。

成功した人の中には早い段階で成功している人もいるのでそういう人を見るとやっぱり才能、能力、運が成功の秘訣なのではないかと思ってしまいます。

一方で、早い段階で成功する理由として、周りの人に比べて早い段階で行動に移していたこと、計画➡実行➡失敗のサイクルのスピードが周りの人に比べて早かったことが挙げられます。

早い段階で成功している人は、行動に移すのが早かったのと計画➡実行➡失敗のサイクルが早かっただけで楽に成功したという訳ではなく他の成功者と同様に成功するまで続けたから成功したのだと考えられます。

成功するまで続ければ成功するのにどうして成功する人は少ないのではないでしょうか。

成功する人が少ない理由

成功する人と成功する方法を知らない人は何が違うのでしょうか。

成功する人の特徴として、成功するための行動をする、成功するまで続けることが挙げられます。

成功する方法を知らない人の特徴として、行動を起こさない、成功するまで続けないことが挙げられます。

成功する人と成功する方法を知らない人の違いは成功までのプロセスのイメージが違うことなのではないかと考えられます。

成功する人の成功するまでのプロセスのイメージは(計画➡実行➡失敗)×数回➡計画➡実行➡成功

成功する方法を知らない人の成功するまでのプロセスのイメージは計画➡実行➡成功

成功は一回で成功するものだという認識だと何かをやっても成功するかどうか分からないという考えになり、行動を起こさない、成功するまで続けないという選択につながるのではないでしょうか。

成功するまでには計画➡実行➡失敗を繰り返すので行動を起こさない、成功するまで続けないという選択が間違っているかというとそうとも言い切れないと考えられます。

一方で、どうしても成功させたいことがある人や行動したことによる失敗や後悔を無駄にしたくないという人は成功するまでやり続ければ成功すると考えられます。