リッツ モイスト ミルクエッセンス

リッツ モイスト ミルクエッセンスの全成分表示の見方

今回はリッツ モイスト ミルクエッセンスの全成分表示の見方について書いていきます。

リッツ モイスト ミルクエッセンスの全成分表示の見方

リッツ モイスト ミルクエッセンスの全成分表示は以下の通りです。

水、DPG、BG、グリセリントリエチルヘキサノイン、スクワランリンゴ果実培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、クリサンテルムインジクムエキス、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルセラミドNP、セラミドNG、セラミドAPオレイン酸ジヒドロコレステリル、オレイン酸フィトステリル、ノナン酸コレステリル、酪酸コレステリル、酪酸ジヒドロコレステリル水溶性プロテオグリカン、エクトイン、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Naラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ステアリン酸グリセリル(SE)、パルミチン酸エチルヘキシル、PVP、水酸化K、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、キハダ樹皮エキスダイマージリノール酸ダイマージリノレイルイソマルト、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、フィトステロールズ、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、レシチン、金、アルギン酸Na、セルロースガム、炭酸水素Na、キトサン、セテアリルグルコシド、ポリ-γ-グルタミン酸Na、フェノキシエタノール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

リッツ モイスト ミルクエッセンスは抱水性のあるエモリエント剤を多く配合しており、保湿効果の高い乳液だと考えられます。

リッツ モイスト ミルクエッセンスは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合された乳液です。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

クリサンテルムインジクムエキス:抗酸化、血行促進、抗炎症

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン:抗酸化、美白

水添レシチン:乳化剤

ステアリン酸グリセリル(SE):乳化剤

PVP:粘度調整剤

水酸化K:pH調整剤、中和剤

カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤

ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2:乳化剤

トコフェロール:酸化防止剤

キハダ樹皮エキス:抗菌、抗炎症、保湿

オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン:乳化剤

キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース:増粘剤

金:抗酸化

アルギン酸Na、セルロースガム:増粘剤

炭酸水素Na:pH調整剤

セテアリルグルコシド:乳化剤

フェノキシエタノール:防腐剤