ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの全成分表示の見方

今回はライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの全成分表示の見方について書いていきます。

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの全成分表示の見方

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスの全成分表示は以下の通りです。

ライスパワーNo.11、水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

保湿美容液
  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

そのため、ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは化粧品に比べて高い保湿効果が期待できると考えられます。

有効成分はライスパワーNo.11(米エキスNo.11)です。

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11):保湿(セラミド産生促進効果)、肌のバリア機能改善

皮膚の水分量は基本的に皮脂、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質によって一定に保たれていますが、皮膚の水分量の約80%は細胞間脂質であるセラミドが維持しています。

セラミドの角質層における重要性という記事で詳しく書いていますが、セラミドが規則正しく並び、水分を挟み込むことで肌の水分を保持しています。

また、セラミドなどの細胞間脂質は規則正しく並ぶことで肌を外部刺激から守るバリア機能があります。

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは有効成分としてライスパワーNo.11(セラミド産生促進効果)を配合していることから、保湿、肌のバリア機能改善に役立つ美容液だと考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

エタノール:清涼感付与、溶剤

POE・ジメチコン共重合体:乳化剤

天然ビタミンE:抗炎症、血行促進

ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル:乳化剤

軽質流動イソパラフィン:溶剤

グリチルリチン酸2K:抗炎症

POEステアリルエーテル:乳化剤

カミツレ油-2:香料

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

メチルパラベン:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG