レヴール リッチ&モイスト シャンプー

レヴール リッチ&モイスト シャンプーの全成分表示の見方

今回はレヴール リッチ&モイスト シャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

レヴール リッチ&モイスト シャンプーの全成分表示の見方

レヴール リッチ&モイスト シャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEAテトラオレイン酸ソルベス-40ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス-6カルボン酸Na、ココイル加水分解ダイズタンパクKアーモンドタンパク、加水分解ダイズタンパク、加水分解コメタンパクワサビノキ種子エキス加水分解酵母タンパク、ブドウ果実細胞エキス、ビルベリー果実エキス、クロフサスグリ果実エキス、アサイヤシ果実エキス、ブドウ種子エキス、フリージアアルバ花エキス、ラベンダー花エキス、PEG-2カプリリルアミンポリクオタニウム-10塩化Naポリクオタニウムー50、EDTA-2Na、クエン酸、オキシベンゾン-5、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸Na、カラメル、DPG、グリセリン、BG、エタノール、PG、マルトデキストリン、イソマルト、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ソルビン酸K、レシチン、安息香酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、紫401

洗浄力:中の上
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):レヴール リッチ&モイスト シャンプーの主な洗浄成分

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):レヴール リッチ&モイスト シャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

ラウリルヒドロキシスルタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

ラウレス-6カルボン酸Na(カルボン酸系アニオン界面活性剤):レヴール リッチ&モイスト シャンプーの主な洗浄成分

ココイル加水分解ダイズタンパクK(アミノ酸系アニオン界面活性剤):レヴール リッチ&モイスト シャンプーの主な洗浄成分

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

レヴール リッチ&モイスト シャンプーの主な洗浄成分はアミノ酸系アニオン界面活性剤、スルホン酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤、カルボン酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は中の上程度だと考えられます。

その他の洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤は  のマーカーで示した成分です。

ワサビノキ種子エキス:汚れ吸着剤

PEG-2カプリリルアミン(非イオン界面活性剤):起泡剤、増泡剤

塩化Na:起泡剤、増泡剤

ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース(非イオン界面活性剤):増粘剤、界面活性剤の刺激を緩和

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

テトラオレイン酸ソルベス-40:ヘアコンディショニング作用、可溶化剤

加水分解ダイズタンパク、加水分解コメタンパク、加水分解酵母タンパク:タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

ポリクオタニウム-10:シャンプー時の指通りを良くする効果や静電気を防止する効果があります。

ポリクオタニウムー50:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

ステアラミドプロピルジメチルアミン:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

アーモンドタンパク:保湿

ブドウ果実細胞エキス:保湿、光老化防止、肌再生

ビルベリー果実エキス:抗酸化

クロフサスグリ果実エキス:保湿、抗炎症

アサイヤシ果実エキス:保湿

ブドウ種子エキス:抗炎症、抗酸化、抗糖化、美白

フリージアアルバ花エキス:保湿

ラベンダー花エキス:保湿、抗菌、収れん(肌を引き締める効果)

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

クエン酸:pH調整剤

オキシベンゾン-5:退色防止剤

クエン酸Na:pH調整剤

カラメル:着色剤

DPG、グリセリン、BG:保湿

エタノール、PG:溶剤

マルトデキストリン:賦形剤(増量剤)

イソマルト:保湿

ソルビン酸K:防腐剤

レシチン:保湿

安息香酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール:防腐剤

紫401:着色剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG