プロポリスアンプルオイルインクリーム

プロポリスアンプルオイルインクリームの全成分表示の見方

今回はプロポリスアンプルオイルインクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

プロポリスアンプルオイルインクリームの全成分表示の見方

プロポリスアンプルオイルインクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリンジメチコン、シクロメチコン、エチルヘキサン酸セチル、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパンマカダミア種子油BG、PEG-5アブラナ種子ステロール、プロポリスエキスコレステロール、アブラナステロールズ1,2-ヘキサンジオールシア脂、アルガニアスピノサ核油、セテス-3、セテス-5、オオミテングヤシ果実油、ニオイテンジクアオイ花油、ヒアルロン酸Na、水添レシチン、セラミドNP、ポリグルタミン酸ステアリン酸、スクワラン、オレイン酸、酢酸トコフェロール、トコフェロール、EDTA-2Na、シトラール、シトロネロール、ゲラニオール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分は肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

プロポリスアンプルオイルインクリームは油性成分を多く配合しているため、エモリエント効果の高いクリームだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

PEG-5アブラナ種子ステロール:可溶化剤

セテス-3:乳化剤

セテス-5:乳化剤

オオミテングヤシ果実油:香料

ニオイテンジクアオイ花油:香料

水添レシチン:乳化剤

酢酸トコフェロール:抗酸化

トコフェロール:酸化防止剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

シトラール、シトロネロール、ゲラニオール:香料