プロポリスアンプルミスト

プロポリスアンプルミストの全成分表示の見方

今回はプロポリスアンプルミストの全成分表示の見方について書いていきます。

プロポリスアンプルミストの全成分表示の見方

プロポリスアンプルミストの全成分表示は以下の通りです。

水、プロパンジオール、グリセリン、1,2-ヘキサンジオールプロポリスエキス、ジメチコン、クエン酸Na、ベタイン、水添レシチン、ソルビトール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキオレイン酸ソルビタン、クエン酸、EDTA-2Na、ニオイテンジクアオイ花油、BG、ペンチレングリコール、ヒアルロン酸、パンテノール、ヒドロキシフェニルプロパミド安息香酸、グルコノラクトン、ラクトビオン酸、パントラクトン、パルミチン酸アスコルビル

  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

保湿成分が持つヒドロキシ基(-OH基)が水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

分子構造上、水(H2O)と水素結合する(-OH基)が多い物質の方が高い保湿効果があります。

プロパンジオール:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。抗菌作用。

グリセリン:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を3つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

1,2-ヘキサンジオール:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。抗菌作用。

プロポリスエキス:保湿剤

ベタイン:保湿、角質層の柔軟化

ソルビトール:保湿、皮膚柔軟効果

BG:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

ペンチレングリコール:分子内にヒドロキシ基(-OH基)を2つ持っており、水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。静菌作用。

ヒアルロン酸:ヒドロキシ基(-OH基)を多く持っており、水(H2O)を抱え込むことができるため高い保湿力があります。

パンテノール:保湿剤

パントラクトン:保湿剤

プロポリスアンプルミストは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い化粧水だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジメチコン:エモリエント剤、感触改良剤

クエン酸Na:pH調整剤

水添レシチン:乳化剤

PEG-60水添ヒマシ油:乳化剤、可溶化剤

セスキオレイン酸ソルビタン:乳化剤

クエン酸:pH調整剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ニオイテンジクアオイ花油:香料

ヒドロキシフェニルプロパミド安息香酸:防腐剤

グルコノラクトン:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ラクトビオン酸:pH調整剤

パルミチン酸アスコルビル:酸化防止剤