プレミアムラッピングマスク

プレミアムラッピングマスクの全成分表示の見方

今回はプレミアムラッピングマスクの全成分表示の見方について書いていきます。

プレミアムラッピングマスクの全成分表示の見方

プレミアムラッピングマスクの全成分表示は以下の通りです。

水、セテアリルアルコールジメチコン、DPG、セバシン酸ジエチルベヘニルPGトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリドコメヌカ油、サフラワー油、エゴマ油、ユチャ種子油、クルミ種子油フェニルトリメチコン、アモジメチコン、エタノール、ベヘニルアルコール、パラフィン、(C12-14)パレス-7、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、(C12-14)パレス-5、グルタミン酸、クエン酸、PEG-160M、乳酸、ポリクオタニウム-107、トコフェロール、ステアルトリモニウムクロリド、フェノキシエタノール、サリチル酸Na、メチルパラベン、香料、カラメル

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:コーティング剤
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
コメヌカ油以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ポリクオタニウム-107:毛髪表面にナノゲル粒子を形成し、すすぎの際に毛髪に潤滑性を付与します。

コーティング剤は  のマーカーで示した成分です。

シリコンによって髪がコーティングされることにより、髪の摩擦によるダメージが軽減されたり、髪が艶のある質感に仕上がります。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

油性成分の特徴は以下の通りです。

セテアリルアルコール(高級アルコール):かたさ調整や乳化補助剤としての役割があります。

セバチン酸ジエチル(エステル):トリートメントの浸透促進

コメヌカ油、サフラワー油、エゴマ油、ユチャ種子油、クルミ種子油(油脂):エモリエント剤

エモリエント剤は油性成分が髪をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

ベヘニルアルコール(高級アルコール):乳化補助剤、感触改良剤

パラフィン(炭化水素):感触改良剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

DPG:保湿

エタノール:溶剤

(C12-14)パレス-7:乳化剤

(C12-14)パレス-5:乳化剤

グルタミン酸:保湿

クエン酸:pH調整剤

PEG-160M:乳化剤

乳酸:pH調整剤

トコフェロール:酸化防止剤

フェノキシエタノール:防腐剤

サリチル酸Na:防腐剤

メチルパラベン:防腐剤

カラメル:着色剤