プラセンタモイスチュアミルク

プラセンタモイスチュアミルクの全成分表示の見方

今回はプラセンタモイスチュアミルクの全成分表示の見方について書いていきます。

プラセンタモイスチュアミルクの全成分表示の見方

プラセンタモイスチュアミルクの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、イソペンチルジオールトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルメチルグルセス-10プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、クインスシードエキス、トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、セテス-20、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、パルミトイルペンタペプチド-4、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、ポリソルベート60、ポリソルベート20、ポリクオタニウム-51、トリエチルヘキサノイン、イソステアリン酸PEG-30グリセリル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、グリチルリチン酸2K、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、セイヨウニワトコ花エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、レシチン、ダイズ油、カルボマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、メチルパラベン

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:エモリエント剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

エモリエント剤は  のマーカーで示した成分です。

乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
保湿効果は水性成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぐ効果です。
エモリエント効果は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果です。
プラセンタモイスチュアミルクは中程度の保湿効果とエモリエント効果を持つ乳液だと考えられます。

乳液はクリームに比べて油性成分が少ないため、かたさを調整するために増粘剤が配合されていることが多いです。

増粘剤:(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、カルボマー

乳液は固形の油性成分が少ないため、流動性があり、伸びが良く、肌になじみやすい特徴があります。

プラセンタモイスチュアミルクは先行乳液として使用することで、肌の水分と油分のバランスを整え、化粧水や美容液の浸透をより高める効果もあるそうです。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

プラセンタエキス:美白

トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油:乳化剤

PEG-60水添ヒマシ油:乳化剤

セテス-20:乳化剤

ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド:抗シワ

パルミトイルペンタペプチド-4:抗シワ

ポリソルベート60:乳化剤

ポリソルベート20:乳化剤

トリエチルヘキサノイン:感触改良剤

さっぱりした使用感であり、肌の柔軟効果に優れています。

イソステアリン酸PEG-30グリセリル:乳化剤

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2:エモリエント剤、乳化剤

PEG-10ジメチコン:シリコンの乳化剤

ジメチコン:感触改良剤

ベタつき感を抑え、さらっとした質感を与えます。

グリチルリチン酸2K:抗炎症

アルニカ花エキス:抗炎症、血行促進、、美白

セイヨウニワトコ花エキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)、抗老化、美白

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1:抗老化

レシチン:乳化剤、保湿剤

水酸化K:pH調整剤

BG:溶剤

フェノキシエタノール:防腐剤

メチルパラベン:防腐剤