ピーリング

ピーリングの効果について

ピーリングにはいったいどのような効果があるのでしょうか。ピーリングの仕組みや効果について考えていきます。

ピーリングの仕組みと効果

一般的にイメージされているピーリングはグリコール酸などのピーリング剤で皮膚を剥がし、肌のターンオーバーを促進することで肌を若返らせるものだと思います。

ピーリングによって肌の角質がポロポロ落ちることで肌が綺麗になるイメージがあると思います。

一方で、実際はピーリングで角質はあまり剥がれていないようです。ピーリングジェルにはゲル化剤として高分子が配合されており、ピーリングによるポロポロはこの高分子が固まったものらしいです。

固まったゲル化剤によって多少は角質が剥がれるようですが、規定により化粧品に配合できるピーリング成分は微量なため、効果は低いかもしれません。

ピーリングの効果は皮膚上層部の古くなった角質層を剥がすことで表皮基底細胞が肌が薄くなったと認識し新しい細胞を増殖するのを促すことです。新しい細胞が増えるため、肌が美しくなります。

化粧品に配合されているピーリング成分として、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、サリチル酸などが挙げられます。

ケミカルピーリング

ピーリング化粧品による自宅でのピーリングの他にクリニックで行うケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングの特徴として、ピーリング化粧品に比べて配合されているピーリング成分の濃度が濃いため、その分効果が高いことが挙げられます。

ピーリングによる効果として、メラニン色素が排泄されるためシミやくすみの改善、ターンオーバーが促進され新しい細胞が増えるためしわやたるみの改善、毛穴の詰まりを除去しニキビの改善などが挙げられます。

ピーリングは肌のターンオーバーを促すものであるため、効果が感じられるまでに少し時間がかかるかもしれません。

ピーリング後は肌が敏感になっているため、保湿や日焼け止めによる紫外線対策をすることが重要だと考えられます。

また、肌の悩みを改善したいけどピーリングに抵抗があるという人も中にはいると思います。

ピーリングは肌のターンオーバーを促進することで肌を綺麗にしており、肌のターンオーバーを整えることができれは、ピーリングを行わなくともシミやくすみ、しわやたるみ、ニキビなどを改善できるのではないかと考えられます。

肌のターンオーバーが乱れる原因として、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れなどが挙げられます。日々の生活習慣を見直すことで肌のターンオーバーを正常にし肌の悩みを改善できるのではないでしょうか。