オーガニック

オーガニック化粧品の実際の特徴

化粧品や食品などでオーガニックという言葉をよく聞くと思います。オーガニック化粧品や有機栽培など健康に良さそうなイメージがあると思います。今回はオーガニック化粧品の実際の特徴について考えていきます。

オーガニックとは

オーガニックとは農薬や化学肥料などを使わない有機栽培のことです。

オーガニック化粧品や有機栽培が健康に良さそうなイメージがあるのは化学薬品を使っていないということが大きいのではないでしょうか。

農薬や化学肥料に含まれている化学物質が体に悪いイメージがあるのだと思います。

実際、農薬や化学肥料に含まれている化学物質が植物や野菜に残留し、体に悪影響を及ぼす可能性はあると思います。

一方で、農薬や化学肥料を使わない有機栽培だと体に悪影響を及ぼす化学物質が含まれていないかというとそうとも限らないと考えられます。

なぜなら植物や野菜自身が作り出す化学物質が体に悪影響を及ぼす可能性が考えられるためです。

農薬を使わないと植物や野菜は自分自身で害虫から身を守る必要があるため、天然の毒素を作る可能性があります。

オーガニック化粧品

日本でのオーガニック化粧品は有機栽培された植物から得た成分を使った化粧品とは限らず、植物由来の成分を使った化粧品であるようです。

天然成分や植物エキスと聞くと刺激が少なそうに感じますが天然成分も植物エキスも化学物質から出来ています。

化粧品には香料がよく使われていますが、ほぼ合成の香料が使われています。

合成香料は一つの芳香成分を合成したものであり、一方で、天然香料は複数の芳香成分で構成されています。

アレルギーのリスクを考えた場合、複数の芳香成分を含んだ天然香料の方がアレルギーリスクが高いことも化粧品に使われている香料がほぼ合成香料である理由の一つだと考えられます。

オーガニックシャンプー

オーガニックシャンプーは有機栽培された植物が使われているシャンプーです。

オーガニックシャンプーの特徴として、洗浄力が優しい、ノンシリコン、パラベンフリー、着色料フリー、香料フリーなどが挙げられます。

オーガニックシャンプーと聞くと合成界面活性剤を使用していないと思われるかもしれませんが、洗浄力が強い石油系合成界面活性剤を使用してないだけで、オーガニックシャンプーによく使われているアミノ酸系界面活性剤も合成界面活性剤です。

一方で、合成界面活性剤といってもアミノ酸系界面活性剤は他の洗浄成分に比べて洗浄力や刺激性が優しいので肌に優しいシャンプーを使用したい人には適していると思います。

*肌に優しいシャンプーとしてマイナチュレスカルプシャンプーがおすすめです。30日間全額返金保証を実施しており、髪の悩みの解決に役立つシャンプーだと考えられます。

臭い訴求

頭皮ケア 無添加シャンプー

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG