オルビスユー ウォッシュ

オルビスユーウォッシュの全成分表示の見方

今回はオルビスユーウォッシュの全成分表示の見方について書いていきます。

オルビスユーウォッシュの全成分表示の見方

オルビスユーウォッシュの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

洗浄力:中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

ユー 毛穴×洗顔

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系です。

オルビスユーウォッシュの主な洗浄成分は石鹸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸+水酸化K)であることから、洗浄力は中程度だと考えられます。

高級脂肪酸(ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸)は弱酸性であり、水酸化Kは強塩基性(強アルカリ性)です。

そのため、石鹸は弱塩基性(弱アルカリ性)です。

人の肌は弱酸性に保たれているため、弱塩基性の石鹸は肌にとって刺激となります。

オルビスユーウォッシュの主な洗浄成分は石鹸であるため、比較的肌の強い人や脂性肌の人に適した洗顔料だと考えられます。

一方で、普通の石鹸系の洗顔料だと肌が荒れてしまうという人は、洗浄成分がカルボン酸系やアミノ酸系の洗顔料が適していると考えられます。

カルボン酸系の洗浄成分としてラウレス-4カルボン酸Na、アミノ酸系の洗浄成分としてココイルグルタミン酸Naなどが挙げられます。

洗浄補助剤、起泡剤、泡質改善剤は  のマーカーで示した成分です。

デシルグルコシド(非イオン界面活性剤):洗浄補助剤、起泡剤

モロッコ溶岩クレイ:汚れ吸着剤

ポリクオタニウム-7:泡のきめ細やかさやボリュームを向上します。

ポリクオタニウム-39:起泡剤、泡質改善剤。洗浄剤の刺激緩和。

泡質改善剤を配合しているため、泡立ちが良く洗顔時の肌の摩擦を軽減できると考えられます。

また、洗顔料を使用する際はしっかり泡立てることでより肌の摩擦を軽減することができると考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

グリセリン:保湿

マルチトール:保湿

ヤグルマギク花エキス:保湿、抗炎症、収れん

モモ葉エキス:保湿、抗炎症

アマモエキス:保湿

BG:保湿、溶剤

DPG:保湿

セルロースガム:増粘剤