オルビス クリアフル ウォッシュ

オルビス クリアフル ウォッシュの全成分表示の見方

今回はオルビス クリアフル ウォッシュの全成分表示の見方について書いていきます。

オルビス クリアフル ウォッシュの全成分表示の見方

オルビス クリアフル ウォッシュの全成分表示は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム 、水、濃グリセリンパルミチン酸、ラウリン酸、水酸化カリウム、ステアリン酸、ミリスチン酸、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムマルチトール液ラウリン酸アミドプロピルベタイン液ソルビトール発酵多糖液ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、シコニン、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ユズセラミド、イノシット、フィチン酸液、スフィンゴ糖脂質、ヨクイニンエキス、アロエエキス(2)、ヨモギエキス、水溶性コラーゲン液、イソステアリン酸、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、炭酸水素ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:起泡剤、泡質改善剤、洗浄補助剤
  のマーカー:保湿成分

オルビス クリアフル ウォッシュは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、オルビス クリアフル ウォッシュは医薬部外品であるため有効成分が一定量配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用を持つことから、オルビス クリアフル ウォッシュは肌荒れ、ニキビ、かゆみでお悩みの方に適した洗顔料だと考えられます。

その他の抗炎症成分の特徴は以下の通りです。

シコニン:抗炎症、肌のバリア機能改善

ヨクイニンエキス:抗炎症、保湿、美白、抗老化

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

高級脂肪酸(パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸)と水酸化Kの中和反応によって洗顔料の主成分である石鹸が作られます。

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム(タウリン系アニオン界面活性剤):オルビス クリアフル ウォッシュの主な洗浄成分

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、洗浄力、起泡力、泡質、粘度を向上します。

洗顔料の洗浄力の強さは石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

オルビス クリアフル ウォッシュの主な洗浄成分は石鹸(パルミチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸+水酸化K)、タウリン系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤であることから、洗浄力は中の中程度だと考えられます。

起泡剤、泡質改善剤、洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体:泡のきめ細やかさやボリュームを向上します。

N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄補助剤

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール:有効成分の浸透促進

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ユズセラミド、イノシット、フィチン酸液、スフィンゴ糖脂質:肌をなめらかに整える整肌成分(ナノVCショットカプセル:ナノカプセル処理により浸透力が向上)

イソステアリン酸:エモリエント剤

炭酸水素ナトリウム::pH調整剤

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG