ディアボーテ オイルインシャンプー

ディアボーテ オイルインシャンプーの全成分表示の見方

今回はディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の全成分表示の見方について書いていきます。

ディアボーテ オイルインシャンプーの全成分表示の見方

ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の全成分表示は以下の通りです。

水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ヒマワリ種子油、サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ポリクオタニウム-7、塩化Na、エタノール、ミリスチン酸、ココイルトレオニンNa、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10ポリクオタニウム-49、BG、グリセリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

洗浄力:優しい
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)における主な洗浄剤

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

コカミドメチルMEA(非イオン界面活性剤):洗浄補助剤(起泡剤、増泡剤、増粘剤)

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

ラウロイルサルコシンTEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

コカミドMEA(非イオン界面活性剤):洗浄補助剤(起泡剤、増泡剤、増粘剤)、可溶化剤

ココイルグルタミン酸2Na(アミノ酸系アニオン界面活性剤):起泡剤、洗浄剤

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤の泡質の向上作用

界面活性剤の洗浄力はアニオン界面活性剤>両性界面活性剤、非イオン界面活性剤です。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の主な洗浄成分は、タウリン系アニオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤、両性界面活性剤であることから肌に優しいシャンプーだと考えられます。

また、起泡剤、増泡剤、増粘剤を多く配合していることから、ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)は泡立ちが良く、洗浄時の肌の摩擦を軽減できると考えられます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ヘアコンディショニング剤が比較的多く配合されているため、ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)はシャンプー時の指通りが良いと考えられます。

また、ヘアコンディショニング剤が配合されているため、シャンプー時の静電気を防止することができます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸グリコール:パール剤

ヒマワリ種子油:エモリエント剤

サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス:保湿剤

ヒマワリ種子エキス:保湿剤

ヒマワリ花エキス:保湿剤

塩化Na:増粘剤

エタノール:溶媒

ミリスチン酸:泡質改善剤

ココイルトレオニンNa:洗浄剤

ココイルグルタミン酸Na:洗浄剤、起泡剤

クエン酸:pH調整剤

BG:保湿剤

グリセリン:保湿剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

安息香酸Na:防腐剤

カラメル;着色料