ナチュラルクレンジングオイル

ナチュラルクレンジングオイルの全成分表示の見方

今回はドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの全成分表示の見方について書いていきます。

ナチュラルクレンジングオイルの全成分表示の見方

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの全成分表示は以下の通りです。

パルミチン酸エチルヘキシルトリラウリン酸ポリグリセリル-10トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル10-ヒドロキシデカン酸、ヒポファエラムノイデス油、ハトムギ油、メドウフォームエストリド、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油、ホロムイイチゴ種子油、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、フィトスフィンゴシン、マロニエエキス、グリチルレチン酸ステアリル、グリセリン、BG、水、ベヘニルアルコール、1,10-デカンジオール、レシチン、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、セバシン酸、フェノキシエタノール

洗浄力:上の中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルは溶剤型のオイル系クレンジング料です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングオイルに配合されている油は主に炭化水素、エステル、油脂に分けられます。

洗浄力の強さは炭化水素系>エステル系>油脂系です。

パルミチン酸エチルヘキシル:エステル

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:エステル

ヒポファエラムノイデス油:油脂

ホホバ種子油:ロウ

マカデミア種子油:油脂

ヒマワリ種子油:油脂

ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイルの洗浄成分はエステル、油脂、ロウであることから、洗浄力は上の中程度だと考えられます。

洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

洗浄補助剤は油で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

その他の成分の特徴として保湿効果のある成分を多く配合しています。

保湿効果のある成分:ハトムギ油、メドウフォームエストリド、ホロムイイチゴ種子油、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、グリセリン、レシチン

その他の成分の特徴は以下の通りです。

10-ヒドロキシデカン酸:過剰な皮脂分泌を抑制、抗炎症

ハトムギ油:肌のターンオーバー促進、保湿

メドウフォームエストリド:高い保湿効果があります。(セラミド類似物質)

ホロムイイチゴ種子油:抗酸化、保湿、肌を柔らかくする効果

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル:美白、抗酸化、抗炎症、抗老化

トコフェロール:酸化防止剤

フィトスフィンゴシン:抗炎症、抗菌

マロニエエキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)、抗糖化

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症

BG:溶剤

水:溶剤

ベヘニルアルコール:乳化補助剤、感触改良剤

1,10-デカンジオール:溶剤

レシチン:乳化剤、保湿

セバシン酸:溶剤

フェノキシエタノール:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG