mtクレンジングジェル

MTクレンジングジェルの全成分表示の見方

今回はMTクレンジングジェルの全成分表示の見方について書いていきます。

MTクレンジングジェルの全成分表示の見方

MTクレンジングジェルの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、DPG、エタノール、タウリン、カルノシン、ジメチルスルホン、パルミチン酸アスコルビル、BG、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、グリチルリチン酸2K、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、1,2−ヘキサンジオール

洗浄力:中の下
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:ジェル形成剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

MTクレンジングジェルは界面活性剤型のジェル系クレンジング料です。

洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

多価アルコールのグリセリン、DPG、BGと非イオン界面活性剤のヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルが作る液晶の中に化粧(油性成分)を包み込むことで化粧(油性成分)を落とすことができます

液晶とは固体と液体の中間の状態にある物質です。

クレンジング料には、オイル系、クリーム系、ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系などがあり、洗浄力、摩擦力に違いがあります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

MTクレンジングジェルは界面活性剤型のジェル系クレンジング料であることから洗浄力は中の下程度だと考えられます。

ジェル形成剤は  のマーカーで示した成分です。

カルボマーを水酸化Kで中和すると網目状の結合を形成しジェル状のクレンジングを作ることができます。

ジェル状にすることで肌の摩擦を軽減できるのではないかと考えられます。

その他の成分の特徴として抗炎症作用のある成分を多く配合しています。

抗炎症作用のある成分:ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、ヤグルマギク花エキス、グリチルリチン酸2K

その他の成分の特徴は以下の通りです。

エタノール:清涼感付与、溶剤

カルノシン:抗糖化、抗老化

ジメチルスルホン:溶剤

パルミチン酸アスコルビル:美白、抗酸化、抗老化(コラーゲン産生促進)

ボタンエキス:抗アレルギー、抗炎症、美白、抗老化

フユボダイジュ花エキス:抗炎症

アルニカ花エキス:抗炎症、血行促進、美白

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス::抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)

ヤグルマギク花エキス:保湿、抗炎症、収れん

ローマカミツレ花エキス:抗糖化

グリチルリチン酸2K:抗炎症

フェノキシエタノール:防腐剤

1,2−ヘキサンジオール:溶剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG