モイスチュアコントロールシャンプー

モイスチュアコントロールシャンプーの全成分表示の見方

今回はモイスチュアコントロールシャンプーの全成分表示の見方について書いていきます。

モイスチュアコントロールシャンプーの全成分表示の見方

モイスチュアコントロールシャンプーの全成分表示は以下の通りです。

水、オレフィン (C14-16) スルホン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、ジステアリン酸グリコール、グリセリン、ツベルアエスチブムエキス、EDTA-2Na、PPG-2コカミド、オリーブ脂肪酸エチル、クエン酸、コカミドMEAポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7ラウリルベタイン、リンゴ酸、塩化Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

洗浄力:上の下
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤、増粘剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(スルホン酸系アニオン界面活性剤):モイスチュアコントロールシャンプーの主な洗浄成分

ココイルメチルタウリンNa(タウリン系アニオン界面活性剤):モイスチュアコントロールシャンプーの主な洗浄成分

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系アニオン界面活性剤):モイスチュアコントロールシャンプーの主な洗浄成分

ココアンホ酢酸Na(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、浸透力の向上。アニオン界面活性剤の刺激を緩和。

アニオン界面活性剤の洗浄力の強さは硫酸系>スルホン酸系>石鹸系>カルボン酸系>アミノ酸系、タウリン系です。

モイスチュアコントロールシャンプーの主な洗浄成分はスルホン酸系アニオン界面活性剤、タウリン系アニオン界面活性剤、アミノ酸系アニオン界面活性剤であることから、洗浄力は上の下程度だと考えられます。

その他の洗浄補助剤、起泡剤、増泡剤、増粘剤は  のマーカーで示した成分です。

PPG-2コカミド(非イオン界面活性剤)洗浄力、起泡力、泡質、粘度の向上。

コカミドMEA(非イオン界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、洗浄力、泡質の向上。増粘。

ラウリルベタイン(両性界面活性剤):アニオン界面活性剤との併用により、起泡力、泡質、粘度の向上。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激緩和。

モイスチュアコントロールシャンプーは起泡剤、増泡剤、増粘剤を多く配合していることから、泡立ちが良く、洗浄時の肌の摩擦を軽減できると考えられます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ヘアコンディショニング剤を配合しているため、シャンプー時の指通りが良いと考えられます。

また、ヘアコンディショニング剤が配合されているため、シャンプー時の静電気を防止することができます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ジステアリン酸グリコール:パール剤

グリセリン;保湿剤

ツベルアエスチブムエキス:CMC構成成分アミノ酸を含み、髪を補修

オリーブ脂肪酸エチル:CMC(細胞膜複合体)補修成分

CMC(細胞膜複合体)はキューティクル同士やキューティクルとコルテックを接着することで、髪の水分やタンパク質を保持する役割があります。

クエン酸:pH調整剤

リンゴ酸:pH調整剤

塩化Na:粘度調整

炭酸水素Na:pH調整剤

フェノキシエタノール:防腐剤

メチルパラベン:防腐剤

安息香酸Na:防腐剤