モイストミルク

モイストミルクの全成分表示の見方

今回はフーミー モイストミルクの全成分表示の見方について書いていきます。

モイストミルクの全成分表示の見方

フーミー モイストミルクの全成分表示は以下の通りです。

水、BG、グリセリントリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸オクチルドデシルイソマルトスクワラン、アラントイン、グリチルレチン酸ステアリル、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、ハス胚芽エキス、スフィンゴ糖脂質、水添レシチン、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、フィトステロールズ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化Na

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

乳液はクリームに比べて油性成分が少ないため、かたさを調整するために増粘剤が配合されていることが多いです。

増粘剤:カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

フーミー モイストミルクは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合された乳液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

アラントイン:抗炎症

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症

カンゾウ根エキス:抗炎症

ローズマリー葉エキス:抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

カミツレ花エキス:保湿、肌荒れ防止、収れん(肌を引き締める効果)

ツボクサエキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

オウゴン根エキス:保湿、美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

イタドリ根エキス:保湿、収れん(肌を引き締める効果)

チャ葉エキス:保湿、抗酸化、消臭、美白

水添レシチン:乳化剤

ミリスチン酸ポリグリセリル-10:乳化剤

水酸化Na:pH調整剤、中和剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG