モイストエイジングケアクリーム

モイストエイジングケアクリームの全成分表示の見方

今回はモイストエイジングケアクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

モイストエイジングケアクリームの全成分表示の見方

モイストエイジングケアクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、BGトリエチルヘキサノイン、スクワランサッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液メドウフォーム油、ジメチコングリセリンラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ステアリン酸、バチルアルコールペンチレングリコール水添ナタネ油アルコール、シア脂ジグリセリン、ステアリン酸グリセリル、ウシ除タンパク血液、ヒアルロン酸Na、アセチルヘキサペプチド-8、加水分解アナツバメ巣エキス、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、イワベンケイ根エキス、酒粕エキスオリーブ果実油プラセンタ脂質、プラセンタエキス、サイタイエキス、パルミチン酸レチノール、トコフェロール、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ポリクオタニウム-51、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、異性化糖、フラーレン、キハダ樹皮エキス、アルテミアエキス、コーヒー種子エキス、キビ芽エキス、ヒポファエラムノイデス果実油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、チャ種子油、ブドウ種子油、ピーナッツ油セレブロシド、コメヌカスフィンゴ糖脂質、レシチン、エチルヘキシルグリセリントリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルPEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、PEG-50水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、水添レシチン、ナットウガム、イソペンチルジオール、シクロデキストリン、PVP、乳酸、水酸化Na、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

モイストエイジングケアクリームは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高いクリームだと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

モイストエイジングケアクリームは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つクリームだと考えられます。

保湿効果のある成分:BG、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、グリセリン、ペンチレングリコール、ジグリセリン、ウシ除タンパク血液、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、イワベンケイ根エキス、酒粕エキス、プラセンタ脂質、プラセンタエキス、サイタイエキス、ポリクオタニウム-51、異性化糖、キハダ樹皮エキス、アルテミアエキス、セレブロシド、コメヌカスフィンゴ糖脂質、レシチン、エチルヘキシルグリセリン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ナットウガム、イソペンチルジオール

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

抗老化成分:ウシ除タンパク血液、加水分解アナツバメ巣エキス、酒粕エキス、プラセンタ脂質、プラセンタエキス、サイタイエキス、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、アルテミアエキス、キビ芽エキス

モイストエイジングケアクリームは抗老化成分を多く配合しているため、肌のハリの維持、シワの予防に役立つクリームだと考えられます。

抗酸化成分:ウシ除タンパク血液、イワベンケイ根エキス、酒粕エキス、プラセンタ脂質、プラセンタエキス、トコフェロール、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、フラーレン、アルテミアエキス、コーヒー種子エキス、ヒポファエラムノイデス果実油

モイストエイジングケアクリームは抗酸化成分を多く配合しているため、くすみ、シワなどの肌荒れ防止に役立つクリームだと考えられます。

美白成分:ウシ除タンパク血液、酒粕エキス、プラセンタ脂質、プラセンタエキス、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、キビ芽エキス

モイストエイジングケアクリームは美白成分を多く配合しているため、シミの予防に役立つクリームだと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

ウシ除タンパク血液:免疫機能改善、抗老化(ターンオーバー促進)、美白、抗酸化、創傷治癒、保湿

アセチルヘキサペプチド-8:抗シワ(表情ジワの改善)

加水分解アナツバメ巣エキス:抗老化(細胞増殖の正常化)

イワベンケイ根エキス:保湿、抗糖化、抗酸化、抗ストレス

酒粕エキス:保湿、抗酸化、抗老化(線維芽細胞増殖促進)、消臭、肌荒れ改善、美白

プラセンタ脂質:美白、保湿、抗酸化、抗老化(線維芽細胞増殖促進)

プラセンタエキス:美白、保湿、抗酸化、抗老化(線維芽細胞増殖促進)

サイタイエキス:保湿、抗老化(表皮細胞増殖)

パルミチン酸レチノール:抗シワ

トコフェロール:酸化防止剤

リン酸アスコルビルMg:美白、抗酸化、抗炎症、抗老化(コラーゲン産生促進)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル:美白、抗酸化、抗炎症、抗老化(コラーゲン産生促進)

ヒトオリゴペプチド-1:抗老化(肌のターンオーバーを正常化します。)

ヒトオリゴペプチド-13:抗老化(線維芽細胞を増やす働きがあります。)

カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル:抗老化(コラーゲン、エラスチン産生促進)

フラーレン:抗酸化、抗シワ

キハダ樹皮エキス:抗菌、抗炎症、保湿

アルテミアエキス:抗老化(細胞の活性化)、保湿、抗酸化、抗炎症

コーヒー種子エキス:抗酸化

キビ芽エキス:美白、抗老化(ターンオーバー促進)

ヒポファエラムノイデス果実油:抗酸化

PEG-50水添ヒマシ油:乳化剤

PEG-60水添ヒマシ油:乳化剤

水添レシチン:乳化剤

シクロデキストリン:不安定成分の安定化、増粘剤、可溶化剤

PVP:増粘剤

乳酸:pH調整剤、収れん(肌を引き締める効果)、ピーリング剤

水酸化Na:pH調整剤

クエン酸:pH調整剤

クエン酸Na:pH調整剤

エタノール:溶剤

フェノキシエタノール:防腐剤