モイストアドバンスミルクii

モイストアドバンスミルクⅡの全成分表示の見方

今回はエクサージュモイストアドバンスミルクⅡの全成分表示の見方について書いていきます。

モイストアドバンスミルクⅡの全成分表示の見方

エクサージュモイストアドバンスミルクⅡの全成分表示は以下の通りです。

水、BGミネラルオイルグリセリントリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ジメチコン、エタノール、ジカプリン酸PG、メドウフォーム油PCA-Na、アセチルヒアルロン酸Na、イガイグリコーゲン、エンドミセス/スミノミザクラ果汁発酵液、クリサンテルムインジクムエキス、グリシン、セリン、トコフェロール、ポリグルタミン酸、ワイルドタイムエキス、加水分解シロバナルーピンタンパク、EDTA-2Na、TEA、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソステアリン酸フィトステリル、オクチルドデカノール、オレイン酸エチル、カラギーナン、カルボマー、キサンタンガム、スクワラン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、パルミチン酸ソルビタン、ポリソリベート60、ヤシ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

乳液はクリームに比べて油性成分が少ないため、かたさを調整するために増粘剤が配合されていることが多いです。

増粘剤:(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

エクサージュモイストアドバンスミルクⅡは保湿成分とエモリエント成分がバランス良く配合された乳液だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

エタノール:清涼感付与、溶剤

ジカプリン酸PG:溶剤

クリサンテルムインジクムエキス:抗酸化、血行促進、抗炎症

トコフェロール:酸化防止剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

TEA:中和剤

カラギーナン:増粘剤

キサンタンガム:増粘剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

パルミチン酸ソルビタン:乳化剤

ポリソリベート60:乳化剤

水添レシチン:乳化剤

フェノキシエタノール:防腐剤

メチルパラベン:防腐剤

安息香酸Na:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG