ミルキィクレンズアップ

ミルキィクレンズアップの全成分表示の見方

今回はアクセーヌ ミルキィクレンズアップの全成分表示の見方について書いていきます。

ミルキィクレンズアップの全成分表示の見方

アクセーヌ ミルキィクレンズアップの全成分表示は以下の通りです。

水、エチルヘキサン酸セチルBG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズフェニルトリメチコン、ミネラルオイルPEG-60水添ヒマシ油、PEG-7グリセリルココエートラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化Na、セスキオレイン酸ソルビタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

洗浄力:中の上
  のマーカー:界面活性剤型の洗浄成分
  のマーカー:溶剤型の洗浄成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

アクセーヌ ミルキィクレンズアップは溶剤型と界面活性剤型の両方の機能を持つミルク系クレンジング料だと考えられます。

クレンジング料には、オイル系、クリーム系、ミルク系、リキッド・ジェル系、ローション系などがあり、洗浄力、摩擦力に違いがあります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

界面活性剤型の洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

多価アルコールのBGと非イオン界面活性剤のPEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-7グリセリルココエートが作る液晶の中に化粧(油性成分)を包み込むことで化粧(油性成分)を落とすことができます

液晶とは固体と液体の中間の状態にある物質です。

溶剤型の洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

エチルヘキサン酸セチル:エステル

フェニルトリメチコン:シリコン

ミネラルオイル:炭化水素

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル):エステル

アクセーヌ ミルキィクレンズアップは溶剤型と界面活性剤型の両方の機能を持つミルク系クレンジング料であり、溶剤型の洗浄成分がエステル、シリコン、炭化水素であることから、洗浄力は中の上程度だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー:増粘剤

水酸化Na:pH調整剤

セスキオレイン酸ソルビタン:乳化剤

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル:変色防止剤

フェノキシエタノール、メチルパラベン:防腐剤