ME センシティブe 2

ME センシティブe 2の全成分表示の見方

今回はME センシティブe 2の全成分表示の見方について書いていきます。

ME センシティブe 2の全成分表示の見方

ME センシティブe 2の全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、DPG、BG水添ポリデセン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルキシリトール、マルチトール、PEG-400、トリイソステアリン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)エリスリトール、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、キサンタンガム、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、グリチルリチン酸2K、トウキ根エキス、ムクロジエキス、アセチルヒアルロン酸Na、ヨモギ葉エキス、ビワ葉エキス、ユキノシタエキス、塩化Mg、ミシマサイコ根エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、ヨーロッパブナ芽エキス、塩化Ca、褐藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、カルボマー、水酸化K、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、メタリン酸Na、トコフェロール、フェノキシエタノール

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
乳液には水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が持つヒドロキシ基(-OH基)が水と水素結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。
ME センシティブe 2は保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い乳液だと考えられます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

水添ポリデセン(炭化水素):エモリエント剤

テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル(エステル):エモリエント剤

トリイソステアリン(エステル):エモリエント剤

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル):抱水性のあるエモリエント剤、肌のバリア機能改善

乳液はクリームに比べて油性成分が少ないため、かたさを調整するために増粘剤が配合されていることが多いです。

増粘剤:(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、カルボマー

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

PEG-400:乳化補助剤、増粘剤

PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル:乳化剤

キサンタンガム:増粘剤

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K:抗酸化作用

グリチルリチン酸2K:抗炎症

トウキ根エキス:抗炎症、美白、抗シワ、血行促進

ビワ葉エキス:抗老化

ユキノシタエキス:抗アレルギー、美白

ミシマサイコ根エキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)

ヨーロッパブナ芽エキス:抗シワ

水酸化K:pH調整剤、中和剤

メタリン酸Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

トコフェロール:酸化防止剤

フェノキシエタノール:防腐剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG