男性ホルモン 脱毛

男性ホルモンと脱毛を予防する方法

男性の方が禿やすいと言われていますが、それには男性ホルモンが関係しています。今回は男性ホルモンと脱毛を予防する方法について考えていきます。

男性ホルモンと脱毛のメカニズム

男性ホルモンであるテストステロンが酵素である5α-リダクターゼの作用によって脱毛活性の高いジヒドロテストステロン(DHT)に変換され男性ホルモン受容体に結合します。

それが毛乳頭細胞に作用してTGF-β1を生産し、角化細胞を抑制することで毛髪の成長期を短縮し、軟毛化を促進します。

男性ホルモン受容体は前頭部と頭頂部にはありますが、後頭部にはありません。そのため、前頭部と頭頂部は禿やすいのだと考えられます。

育毛剤と効果

フィナステリド:5α-リダクターゼを阻害し、脱毛を抑制します。

ミノキシジル:毛乳頭細胞に作用し、血管内皮細胞増殖因子を産生を促進することで毛成長に働きます。

t-フラバノン(センブリエキス):TGF-β1の作用を抑制し、毛成長を促します。

アデノシン;発毛促進因子であるFGF-7の産生を促進して毛乳頭細胞を増殖させます。

育毛を目的として製品を選ぶ場合、化粧品より医薬部外品の製品の方が育毛効果のある成分を多く配合している場合が多いため、医薬部外品の製品を選ぶ方が効果が期待できるのではないでしょうか。

脱毛を予防する方法

男性が脱毛する原因に男性ホルモンが挙げられますが、実は男性ホルモンより日々のヘアケアが脱毛に関係しているのではないかと考えられます。

女性と比べて男性はヘアケアの習慣がついていない人が多く、ヘアケアの習慣がついてないために髪や頭皮にダメージが蓄積され、脱毛に繋がっているのではないでしょうか。

普段からヘアケアの習慣がある女性からしたらヘアケアしなければ髪質が悪化し脱毛につながる可能性があるということは当たり前に認知できているかもしれません。

一方で、普段からヘアケアの習慣がない人はヘアケアしていないことで髪や頭皮にダメージが蓄積されているだなんて想像すらできないため、ダメージの蓄積が一定以上になり目に見えて脱毛し始めた時に何も悪いことはしていないのに脱毛し始めたと錯覚し、脱毛の原因が男性ホルモンの影響であるという思考に直結してしまうのではないでしょうか。

そのため、脱毛を防ぐ方法として、まずは自分に合ったヘアケアをしないと髪や頭皮にダメージが蓄積される可能性があるという認識を持つことが重要だと考えられます。

そして、自分にあったヘアケアを習慣付けることで脱毛を防ぐことができるのではないでしょうか。

*ヘアケア対策としてGrowth Project.BOSTONアロマシャンプーがおすすめです。45日間全額返金保証付きであり、アミノ酸系洗浄成分を使用しているため低刺激でお肌に優しいシャンプーです。

髪と頭皮を健やかに【BOSTON アロマシャンプー】

Growth Project.アロマシャンプー