ルルルン クレンジングバーム

ルルルン クレンジングバームの全成分表示の見方

今回はルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)の全成分表示の見方について書いていきます。

ルルルン クレンジングバームの全成分表示の見方

ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)の全成分表示は以下の通りです。

パルミチン酸エチルヘキシルトリイソステアリン酸PEG-20グリセリルダイマージリノール酸水添ヒマシ油、水添ポリデセン、ポリエチレン、ヒマワリ種子ロウ、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)メチルパラベン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)、マイクロクリスタリンワックス、酢酸トコフェロール、トコフェロール、香料、水、ヒポファエラムノイデス果実油、グリセリン、シア脂、カノラ油、水添レシチン、ベルガモット果実エキス、フェネチルアルコール、エチルヘキシルグリセリン、ニンジン種子油、ニンジン根エキス、β―カロチン、ヒマワリ種子油、マルトデキストリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、BG

洗浄力:上の中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカー:エモリエント剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)は油で化粧(油性成分)を落とすタイプのクレンジング料です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジングバームはクレンジングオイルとほぼ同じくらいの洗浄力があります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

パルミチン酸エチルヘキシル:エステル

ダイマージリノール酸水添ヒマシ油:エステル

水添ポリデセン:炭化水素

ポリエチレン:炭化水素

ヒマワリ種子ロウ:ロウ(ワックス)

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル):エステル

ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)の主な洗浄成分はエステル、炭化水素であることから、洗浄力は上の中程度だと考えられます。

洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

洗浄補助剤は油で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

エモリエント剤は  のマーカーで示した成分です。

ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル):エステル

マイクロクリスタリンワックス:炭化水素

ヒポファエラムノイデス果実油:油脂

シア脂:油脂

カノラ油:油脂

ヒマワリ種子油:油脂

その他の成分の特徴は以下の通りです。

ポリエチレン:かたさ調整剤

メチルパラベン:防腐剤

マイクロクリスタリンワックス:かたさ調整剤

酢酸トコフェロール、トコフェロール:酸化防止剤

水:溶剤

グリセリン、エチルヘキシルグリセリン:保湿剤

水添レシチン:乳化剤

ベルガモット果実エキス:香料

フェネチルアルコール:防腐剤

ニンジン種子油、ニンジン根エキス、β―カロチン:ブルーライト吸収

マルトデキストリン:賦形剤(増量剤)

加水分解ローヤルゼリータンパク:コラーゲン産生促進、皮膚刺激緩和

BG:溶剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG