化粧水

保湿効果の高い化粧水の選び方

肌の水分量は年齢を重ねるごとに減少していきます。そのため、化粧水などで肌の水分量を補う必要があると考えられます。今回は保湿効果の高い化粧水の選び方について考えていきます。

保湿効果の高い化粧水の選び方

男女共に肌の水分量は年齢を重ねるごとに減少していきます。

そのため、肌の水分量を補うために化粧水を使うことがあると思います。

ほとんどの化粧水は8割以上が水でできています。残りの2割は保湿剤、防腐剤、訴求成分などです。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

化粧水に期待している効果として肌の水分量の増加が挙げられますが、化粧水を大量につけても肌の水分量が一時的にしか増加せずあまり効果が得られない場合があります。

では、肌の水分量を一時的ではなく増加させるにはどうしたらいいのかというと、肌の水分量を保持しているセラミドなどの細胞間脂質が正常に形成され、水分を保持する効果が発揮される必要があります。

セラミドの角質層における重要性という記事で詳しく書いていますが、肌の水分の約8割はセラミドのような細胞間脂質が維持しています。

一方で、セラミドは年齢とともに減少して行き、それが肌の水分量の減少につながる大きな要因となります。

そのため、セラミドなどの水分を維持する役割のある成分を含んだ化粧水を使うとより肌の水分量を補えると考えられます。

また、セラミド産生促進作用のある成分を配合した化粧品を使用することで、セラミドの減少を補い肌の水分量を維持することができると考えられます。

*セラミド産生促進作用のある成分を配合した化粧品としてコーセープロビジョン【米肌トライアルセット】がおすすめです。

約77%OFF相当の14日間お試しセットであり、ライスパワーNo.11(セラミド産生促進効果)を配合しているため肌のセラミドを増やす効果が期待できます。

乾燥肌LP

超保湿成分セラミドをつくりだし水分保持能を改善する、米肌で自ら潤う肌へ

セラミドの他に肌の水分を保持する役割を持っているのが皮脂膜です。

そして、皮脂膜に近い機能を持つ化粧品として乳液やクリームがあります。

年齢と肌のタイプという記事で詳しく書いていますが、20~30歳を過ぎた頃から肌の水分量と油分量の関係により女性は乾燥肌、男性は混合肌に近づいていきます。

女性は年齢とともに水分量と油分量が減少していくため、乳液やクリームを使用することで水分と油分を補っていくことが重要だと考えられます。

男性は女性に比べて元々水分量が少なく、一方で油分量は20~30歳を過ぎてもあまり減少しないことからよりセラミドなどの水分を維持する成分を補っていく必要があると考えられます。

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG