LIHAW モイスチャーローション

LIHAW モイスチャーローションの全成分表示の見方

今回はLIHAW モイスチャーローションの全成分表示の見方について書いていきます。

LIHAW モイスチャーローションの全成分表示の見方

LIHAW モイスチャーローションの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコールレモングラス葉/茎エキス、ツボクサ葉エキス、ツボクサエキス、マデカッソシド、アシアチコシド、ドクダミエキス、ヨモギ葉エキス、グリチルリチン酸2K、カンゾウ根エキス、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ラウリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸、アルギニン、BG、水添レシチン、フィトステロールズ、レモングラス油、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ油、レモングラス葉油

  のマーカー:保湿成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

肌に水だけをつけても蒸発してしまうため、化粧水には水分を保持するために保湿成分が多く配合されています。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

LIHAW モイスチャーローションは保湿成分を多く配合しており、保湿効果の高い化粧水だと考えられます。

小じわは主に表皮の乾燥が原因であるため、表皮を保湿することで小じわを防止することができます。

また、乾燥により肌のキメが乱れると、肌の表面が凸凹になり光が乱反射することでくすみに繋がります。

LIHAW モイスチャーローションは保湿成分を多く配合しているため、乾燥による肌のキメの乱れを防止するのに役立つ化粧水だと考えられます。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ツボクサ葉エキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

ツボクサエキス:皮膚修復、鎮静作用、抗老化(コラーゲン産生促進)、美白

マデカッソシド:抗炎症、美白、皮膚修復、美白、保湿

アシアチコシド:抗糖化、抗老化(コラーゲン産生促進)、皮膚の再生、鎮静作用

ドクダミエキス:抗炎症、抗シワ、抗酸化、抗糖化

グリチルリチン酸2K:抗炎症

カンゾウ根エキス:抗炎症

フェノキシエタノール:防腐剤

キサンタンガム:増粘剤

ラウリン酸ポリグリセリル-10:可溶化剤(香料を化粧品に混ぜる)目的

クエン酸、アルギニン:pH調整剤

BG:溶剤

水添レシチン:乳化剤

フィトステロールズ:セラミドの安定化

レモングラス油、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ油、レモングラス葉油:香料

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG