キールズ SP マルチクリーム

キールズ SP マルチクリームの全成分表示の見方

今回はキールズ SP マルチクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

キールズ SP マルチクリームの全成分表示の見方

キールズ SP マルチクリームの全成分表示は以下の通りです。

水、グリセリンジカプリリルエーテル、シア脂ヒドロキシプロピルテトラヒドロピラントリオールイソノナン酸イソノニルPGイソステアリン酸イソプロピル、セタノール、ジメチコン、ベヘニルアルコール、キャンデリラロウ、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、ヒドロキシエチルピペラジンエタンスルホン酸、パルミチン酸、フェノキシエタノール、セテアリルアルコール、クエン酸、カルボマー、カプリロイルサリチル酸、水酸化Na、カプリリルグリコール、ステアリン酸PEG-100、モスビーン種子エキス、トコフェロール、キサンタンガム、セテアリルグルコシド、ココイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na、EDTA-2Na、ペンチレングリコールソケイ花エキスミリスチン酸、ローズマリー葉油、アデノシン、イノノツスオブリクウスエキス、リモネン、リナロール、ニオイテンジクアオイ花油、ラベンダー油、ダマスクバラ花油

  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。
クリームには水性成分と油性成分が配合されているため、保湿効果とエモリエント効果があります。
保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

ステアリン酸グリセリル:乳化剤

ヒドロキシエチルピペラジンエタンスルホン酸:pH調整剤

フェノキシエタノール

クエン酸:pH調整剤

カルボマー:増粘剤

カプリロイルサリチル酸:ピーリング剤

水酸化Na:pH調整剤

ステアリン酸PEG-100:乳化剤

モスビーン種子エキス:抗シワ、ターンオーバー促進

トコフェロール:酸化防止剤

キサンタンガム:増粘剤

セテアリルグルコシド、ココイルグルタミン酸Na:乳化剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

ローズマリー葉油:防腐剤、抗炎症、香料

アデノシン:血行促進、シワ改善

イノノツスオブリクウスエキス:収れん(肌を引き締める効果)

リモネン、リナロール、ニオイテンジクアオイ花油、ラベンダー油、ダマスクバラ花油:香料

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG