ケシミンクリーム

ケシミンクリームの全成分表示の見方

今回はケシミンクリームの全成分表示の見方について書いていきます。

ケシミンクリームの全成分表示の見方

ケシミンクリームの全成分表示は以下の通りです。

L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルサラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、べヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、油溶性甘草エキス(2)、ホオノキ抽出液、プルーン酵素分解物、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、サクラ葉抽出液、精製水

  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

ケシミンクリームは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ケシミンクリームは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

L-アスコルビン酸2-グルコシド:美白、抗老化(コラーゲン合成促進)

グリチルレチン酸ステアリル:抗炎症作用

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体):血行促進、抗酸化作用

ケシミンクリームはシミ、しわ、肌荒れでお悩みの方に適したクリームだと考えられます。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。
保湿成分が肌の水分と結合することで水分の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

自己乳化型モノステアリン酸グリセリル:乳化剤

親油型モノステアリン酸グリセリル:乳化剤

モノステアリン酸ポリエチレングリコール:乳化剤

パラオキシ安息香酸プロピル:防腐剤

パラオキシ安息香酸メチル:防腐剤

N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム:乳化剤

キサンタンガム:増粘剤

クエン酸:pH調整剤

水酸化カリウム:pH調整剤

油溶性甘草エキス(2):美白(メラニンの生成抑制)

プルーン酵素分解物:美白、抗老化

フェノキシエタノール:防腐剤

サクラ葉抽出液:抗アレルギー

精製水:基剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG