内向的

内向的な人が一人を好む訳

皆でワイワイするのも好きだけどなぜか一人の時間が欲しいと思っている人はもしかしたら内向的な人なのかもしれません。今回は内向的な人が一人を好む訳について考えていきます。

内向的な人と外向的な人の違い

内向的な人は一人でいる時にエネルギーを補充します。一方で、外向的な人は周りの人といる時にエネルギーを補充します。

内向的な人が一人を好む訳は内向的な人は一人でいる時にエネルギーを補充するためです。

周りの人とワイワイしている時の方が元気がでるような気がしますが、内向的な人は一人でいるときの方が元気が出ます。

生まれてから、学校、会社といった集団行動が当たり前とされている環境下で生活していると実は内向的な人でも自分が内向的な人であるということに気がつかない人は多いのではないでしょうか。

これは内向的な人が集団で行動する環境下に適応して生活してきたことで、集団でいる時の楽しさや元気になれる気持ちも知っているためです。

そもそも内向的な人と外向的な人がいるということ自体知らない人も多いと思います。

そのため、一人でいる時の方が元気になれる人がいて、まさか自分が内向的な人だなんて想像できないでしょう。

一方で、内向的な人は皆でワイワイするのも好きだけどなぜか一人の時間が欲しいという気持ちを持っています。

そして実際、内向的な人は集団でいる時より一人でいる時の方が幸福度が増します。

自分が内向的な人であると気付いてない人は集団で行動する環境下に適応して生活してきたことによる集団でいる時の方が幸福になれるに違いないという常識から一人でいる時の方が幸福度が増すという事実を認めることができないのではないでしょうか。

外向的な人からすると、一人でいることは辛いこともしくはつまらないことであり、社会的にもそういった認識である傾向が強いです。実際、外向的な人は周りの人といることで幸福度が増します。

一人でいるのが好きだけれども常識的に考えてそんな自分を認めれないという人は、世の中には内向的な人と外向的な人がいて内向的な人は一人でいる時にエネルギーを補充し、外向的な人は周りの人といる時にエネルギーを補充するということを理解することで自分の気持ちに正直に生きることができると考えられます。