ink. クレンジングバーム

ink. クレンジングバームの全成分表示の見方

今回はink. クレンジングバームの全成分表示の見方について書いていきます。

ink. クレンジングバームの全成分表示の見方

ink. クレンジングバームの全成分表示は以下の通りです。

パルミチン酸エチルヘキシル、ホホバ種子油トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、ポリエチレン、オリーブ果実油トリイソステアリン酸PEG-5グリセリルセラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシンアルガニアスピノサ核油、スクワラン水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アーチチョーク葉エキス、 ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、オウゴン根エキス、コメヌカエキス、アロエべラ葉エキス、BG 、水、トコフェロール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ラウロイルラクチレートNa、コレステロールエチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、フェノキシエタノール

洗浄力:上の中
  のマーカー:洗浄成分
  のマーカー:洗浄補助剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:エモリエント剤
  のマーカーで示した成分は配合率1%以下であると考えられます。

クレンジングには溶剤型と界面活性剤型があります。

溶剤型は油で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

界面活性剤型は界面活性剤で化粧(油性成分)を落とす仕組みです。

ink. クレンジングバームは油で化粧(油性成分)を落とすタイプのクレンジング料です。

同じもの同士は良く混ざる性質があるため、油で化粧(油性成分)を落とすことができます。

クレンジングバームはクレンジングオイルとほぼ同じくらいの洗浄力があります。

クレンジング料の洗浄力はオイル系>クリーム系>ミルク系、リキッド・ジェル系>ローション系です。

主な洗浄成分は  のマーカーで示した成分です。

クレンジングに使用される油性成分として、炭化水素、シリコン、エステル、油脂、高級アルコール、高級脂肪酸などが挙げられます。

洗浄力の強さは炭化水素>シリコン>エステル>油脂>高級アルコール>高級脂肪酸です。

パルミチン酸エチルヘキシル:エステル

ホホバ油:ロウ(ワックス)

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:エステル

炭酸ジカプリリル:エステル

ポリエチレン:炭化水素

オリーブ果実油:油脂

ink. クレンジングバームの主な洗浄成分はエステル、ロウ(ワックス)、炭化水素、油脂であることから、洗浄力は上の中程度だと考えられます。

洗浄補助剤は  のマーカーで示した成分です。

洗浄補助剤は油で化粧(油性成分)を浮かせた後、水で流す際に水と油を混ぜて洗い流すために配合されています。

ink. クレンジングバームはクレンジング、洗顔、毛穴ケア、角質ケア、高保湿セラミドケア、エイジングケア、マッサージの役割があるため、保湿成分が多く配合されています。

エモリエント剤は  のマーカーで示した成分です。

アルガニアスピノサ核油:油脂

スクワラン:炭化水素

コレステロール:エステル

その他の成分の特徴は以下の通りです。

ポリエチレン:かたさ調整剤

ローズマリー葉エキス:保湿、抗酸化、抗炎症、抗菌、血行促進、美白、抗老化

カミツレ花エキス:抗炎症、収れん(肌を引き締める効果)

オウゴン根エキス:保湿、美白、抗老化、収れん(肌を引き締める効果)

コメヌカエキス:保湿、美白、抗酸化

水:溶剤

トコフェロール:酸化防止剤

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル:収れん(肌を引き締める効果)、美白

ラウロイルラクチレートNa:乳化剤

キサンタンガム、カルボマー:増粘剤

フェノキシエタノール:防腐剤