イミュライズ ヘアトリートメント

イミュライズ ヘアトリートメントの全成分表示の見方

今回はイミュライズ ヘアトリートメントの全成分表示の見方について書いていきます。

イミュライズ ヘアトリートメントの全成分表示の見方

イミュライズ ヘアトリートメントの全成分表示は以下の通りです。

水、セタノールステアリルトリモニウムブロミドマカデミアナッツ油、ステアリルアルコールアモジメチコン、イソプロパノール、ジメチコンイソノナン酸イソトリデシルPEG-20、トレハロースカルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)、ロイシンイソステアリン酸イソステアリルクオタニウム-33、加水分解ケラチン(羊毛)、アルギニン、オクテニルコハク酸トウモロコシデンプンAl、ラウリルベタインジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、トリデセス-10、ラウリン酸スクロース、BG、エタノール、クエン酸トリエチル、AMP、エチドロン酸、フェノキシエタノール、センチフォリアバラ花エキス、アミリスバルサミフェラ樹皮油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ花油、レモン果皮油

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:コーティング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
PEG-20以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛):毛髪内部まで浸透し、髪を補修します。

ロイシン:浸透補助成分

クオタニウム-33:髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

洗い流さないトリートメントの成分による効果という記事で詳しく書いていますが、キューティクルは18-MEAと呼ばれる脂質でコーティングされています。

18-MEAは髪の疎水化と髪を摩擦から保護する役割があります。

ダメージを受け18-MEAが失われると髪が親水化し水素結合が切れることで髪の痛みに繋がります。

クオタニウム-33は18-MEAと似た機能を持つため、髪を補修することができます。

加水分解ケラチン(羽毛):タンパク質に似た構造を持つ成分でダメージホールを補修することで髪を疎水化し髪の痛みを防止します。

アルギニン:髪の滑りを良くする効果やダメージ補修効果があります。

ラウリルベタイン:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

コーティング剤は  のマーカーで示した成分です。

シリコンによって髪がコーティングされることにより、髪の摩擦によるダメージが軽減されたり、髪が艶のある質感に仕上がります。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が髪の水分と結合することで水分の流出を防ぎ、髪の乾燥を防止することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

イソプロパノール:溶剤

オクテニルコハク酸デンプンAl:感触改良剤

トリデセス-10、ラウリン酸スクロース:乳化剤

BG、エタノール:溶剤

クエン酸トリエチル:柔軟剤

AMP:pH調整剤

エチドロン酸:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

フェノキシエタノール:防腐剤

センチフォリアバラ花エキス、アミリスバルサミフェラ樹皮油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ花油、レモン果皮油:香料