ヘアオイル

ヘアオイルの効果について

ヘアオイルにはどのような効果があるのでしょうか。今回はヘアオイルの機能、ヘアオイルとヘアトリートメントの違いについて考えていきます。

ヘアオイルの効果

ヘアオイルは主に髪をオイルでコーティングすることで水分を保持するエモリエント効果があります。

また、髪をまとまりやすくする役割、髪の摩擦によるダメージを軽減する役割、ドライヤの熱から髪を守る役割などがあります。

ヘアオイルとヘアトリートメントの違い

ヘアオイルは主に髪をオイルでコーティングすることでエモリエント効果があります。

一方で、ヘアトリートメントは髪の内部を補修する役割と髪をコーティングし、熱や摩擦によるダメージを防止する役割があります。

ヘアオイルは椿油やアルガンオイルなどの油性成分が主な成分です。

一方で、ヘアトリートメントは油性成分の他にカチオン界面活性剤や加水分解ケラチン、加水分解シルクなどの髪を補修する成分が配合されています。

ヘアトリートメントについては洗い流さないトリートメントの成分による効果という記事で詳しく書いています。

ヘアオイルを使うタイミング

ドライヤーの前にヘアオイルを使用

お風呂に上がりにタオルで髪を拭いてドライヤーで乾かす人が多いと思いますが、ドライヤーで髪を乾かす前のタイミングでヘアオイルを使うと、ドライヤーで髪を乾かしている最中の指通りや櫛通りが良くなり、乾かした後の髪の仕上がりが良くなります。

また、ドライヤーの前にヘアオイルを使うことでドライヤーの熱によるダメージを軽減することができます。

寝る前にヘアオイルを使用

寝る前にヘアオイルを使うことで寝ている最中の髪の摩擦を軽減でき、朝起きた時の寝ぐせを防止することができます。

ヘアスタイリング剤として使用

髪のボリュームを抑えたい時などにヘアオイルを使用することで髪にまとまりを与えてくれます。

ヘアオイルを木櫛につけて使う

木櫛は静電気が起きにくい櫛であるため、ブラッシングによるダメージが気になる方に適した櫛だと思います。

木櫛をやすりで磨き、椿油などのヘアオイルにつけておくことで誰でも簡単につげ櫛風の櫛を作ることができます。

ヘアオイルにつけた木櫛でブラッシングすると髪にまとまりを与えることができ、またブラッシングによる摩擦を軽減することができます。

ヘアオイルはボリュームを抑えたい方、髪にまとまりを与えたい方、ブラッシング時のダメージを軽減したい方などに適していると考えられます。

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG