ヘアマスク ホワイトフローラル

ヘアマスク ホワイトフローラルの全成分表示の見方

今回はジルスチュアート ヘアマスク ホワイトフローラルの全成分表示の見方について書いていきます。

ヘアマスク ホワイトフローラルの全成分表示の見方

ジルスチュアート ヘアマスク ホワイトフローラルの全成分表示は以下の通りです。

水、トリエチルヘキサノインジメチコンPGセテアリルアルコール、ワセリン、ベヘニルアルコールベヘントリモニウムクロリド、香料、グリセリン、アボカドエキスカカオ脂キイチゴエキス、クロフサスグリ果実エキス、トコフェロール、マカデミアナッツ油BG、EDTA-2Na、PEG-10水添ヒマシ油、アモジメチコン、イソプロパノール、エタノール、オレイン酸フィトステリル、クエン酸、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、セテス-20、ヒドロキシエチルセルロース、ポリクオタニウム-10ヤシ油、ラウレス-23、ラウレス-4、ラウレス硫酸Na、リンゴ酸、サリチル酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na

  のマーカー:カチオン界面活性剤
  のマーカー:ヘアコンディショニング剤
  のマーカー:コーティング剤
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分(主にコーティング剤としての役割)
香料以下の成分は配合率1%以下の成分であると考えられます。

カチオン界面活性剤は  のマーカーで示した成分です。

カチオン界面活性剤が配合されていることでマイナスに帯電した髪にトリートメントが吸着し、髪を補修することができます。

ヘアコンディショニング剤は  のマーカーで示した成分です。

ポリクオタニウム-10:帯電防止、ヘアコンディショニング剤

コーティング剤は  のマーカーで示した成分です。

シリコンによって髪がコーティングされることにより、髪の摩擦によるダメージが軽減されたり、髪が艶のある質感に仕上がります。

保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が髪の水分と結合することで水分の流出を防ぎ、髪の乾燥を防止することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にコーティング剤としての役割があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

水:基剤

クロフサスグリ果実エキス:保湿、抗炎症

トコフェロール:酸化防止剤

EDTA-2Na:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

PEG-10水添ヒマシ油:乳化剤

イソプロパノール、エタノール:溶剤

クエン酸:pH調整剤

セテス-20:乳化剤

ヒドロキシエチルセルロース:増粘剤

ラウレス-23、ラウレス-4、ラウレス硫酸Na:乳化剤

リンゴ酸:pH調整剤

サリチル酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na:防腐剤