ヘアサイクル

髪のヘアサイクル

髪にはヘアサイクルがあり、一定の期間で生え変わっています。髪が自然に抜け落ちるのはヘアサイクルがあるためです。髪は一か月に約1cm伸びると言われており、髪のヘアサイクルを知ることで髪型をコントロールしやすくなると考えられます。

ヘアサイクル

髪には成長期、退行期、休止期があり、一本当たり5年前後で生え変わります。

ヘアサイクル

約5年で生え変わるなら、5年ごとに髪が少なくなるタイミングがあるのではと考える人もいると思います。

しかし、人の髪は約10万本あるのでそれぞれに生え変わるタイミングが異なっており、そのため、同じタイミングで髪が生え変わるということはないのだと考えられます。

ヘアサイクルに沿った脱毛は自然な脱毛であり、人の髪は1日に約40~70本程度抜け落ちると言われています。

髪の成長期が途中の段階で退行期、休止期、脱毛となると異常な脱毛となります。

髪の成長をになっているのは毛乳頭です。

毛乳頭

毛乳頭の細胞数が増えると髪の伸長と成長が増すと言われており、育毛剤は毛乳頭の細胞増殖を促す成分が使われています。

*育毛剤としてルルシア薬用スカルプエッセンスがおすすめです。初回特別価格があり、薄毛タイプごとに最適なアプローチをすることで高い発毛促進効果が期待できます。

LULUSIA-ルルシア- /A

女性用育毛剤LULUSIA〈ルルシア〉

髪を伸ばすまでの対処法

髪が傷んでしまったため髪を切った方、髪を切り過ぎてしまった方は早く髪を伸ばしたいと考えてるのではないでしょうか。

一方で、髪は1ヶ月に約1cmしか伸びないため、髪が伸びるまで時間がかかってしまいます。

髪が傷んでしまったため髪を切った方はおそらく綺麗に髪を伸ばしたいと考えていると思います。

髪を早く伸ばしたいのなら髪を切らなければ良いと考える人もいると思いますが、髪を綺麗に伸ばしたい場合、傷んだ髪は切ってまた伸ばしてを繰り返した方が結果的に綺麗に早く伸ばせるのではないかと考えられます。

また、髪が傷まないようにヘアケアを心掛けることも髪を綺麗に早く伸ばすために重要だと考えられます。

髪を切り過ぎてしまった方は髪が伸びるまでの間短い髪型で過ごさなければならないため、髪が短い状態でも最大限似合う髪型のセット方法を考えつつ髪を伸ばしていくことが髪を伸ばすまでの対処法として良いのではないかと考えられます。

前髪だけ短く切り過ぎてしまったなど髪の一部分だけ短くしてしまった場合、逆に短くしてしまった部分に合わせて全体的に髪を短くすると、髪が短い状態でも似合う髪型になるのではないかと考えられます。

髪のヘアサイクルや髪が伸びるスピードについて知っておくことはどれくらい髪を切れば良いのかということを考える上で重要になってくると考えられます。