ジェノプティクス オーラ エッセンス

ジェノプティクス オーラ エッセンスの全成分表示の見方

今回はジェノプティクス オーラ エッセンスの全成分表示の見方について書いていきます。

ジェノプティクス オーラ エッセンスの全成分表示の見方

ジェノプティクス オーラ エッセンスの全成分表示は以下の通りです。

ニコチン酸アミドW、D-パントテニルアルコール 、SK-II(ピテラ)コンセントレート、L-アスコルビン酸2-グルコシド、ウンデシレノイルフェニルアラニン、イノシット、プルーン酵素分解物、チンピエキス、ウメ果実エキスヘキシルデカノール、ビタミンE、POE・ジメチコン共重合体、濃グリセリントリエリツヘキサン酸グリセリル、ナイロン末、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクリルドデシル)、メチルシロキサン網状重合体、窒化ホウ素、雲母チタン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン、BG、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、ポリアクリルアミド、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、AMP、キサンタンガム、ベンジルアルコール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、香料、エデト酸塩、安息香酸塩、パラベン、精製水

美白美容液、保湿美容液、エイジングケア美容液
  のマーカー:有効成分
  のマーカー:保湿成分
  のマーカー:油性成分

ジェノプティクス オーラ エッセンスは医薬部外品であるため、化粧品と違い全成分が配合量の多い順に記載されていません。

そのため、配合量の多い成分と配合量1%以下の成分を判断するのは難しいです。

一方で、ジェノプティクス オーラ エッセンスは医薬部外品であるため有効成分が一定以上配合されていることが保証されています。

有効成分は  のマーカーで示した成分です。

ニコチン酸アミドW:美白、保湿(セラミド合成促進)、抗老化(コラーゲン合成促進)

D-パントテニルアルコール:保湿、抗炎症、創傷治癒、ターンオーバー促進、皮脂分泌抑制

ジェノプティクス オーラ エッセンスはシミ、くすみ、乾燥、シワ、肌荒れ、ニキビでお悩みの方に適した美容液だと考えられます。

主な保湿成分は  のマーカーで示した成分です。

保湿成分が水と結合することで水の蒸発を防ぎ保湿することができます。

油性成分は  のマーカーで示した成分です。

油性成分は主にエモリエント剤としての働きがあります。

エモリエント剤は油性成分が肌をコーティングすることで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

その他の成分の特徴は以下の通りです。

SK-II(ピテラ)コンセントレート:保湿、抗老化(線維芽細胞活性作用)

L-アスコルビン酸2-グルコシド:美白、抗老化(コラーゲン合成促進)

ウンデシレノイルフェニルアラニン:美白、ブライトニング効果(肌を明るくする効果)、抗酸化

プルーン酵素分解物:美白、抗老化

ビタミンE:抗酸化、血行促進

POE・ジメチコン共重合体、POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン、POE(7)ラウリルエーテル:乳化剤

ナイロン末:感触改良剤(伸びをよくする効果)、ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

メチルシロキサン網状重合体:感触改良剤(伸びをよくする効果)、ソフトフォーカス効果(光散乱効果によってシワや毛穴を目立たなくする)

窒化ホウ素:感触改良剤(伸びをよくする効果)

雲母チタン:パール光沢付与

アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、ポリアクリルアミド、キサンタンガム:増粘剤

AMP:pH調整剤

ベンジルアルコール:溶剤

フェノキシエタノール、安息香酸塩、パラベン:防腐剤

エデト酸塩:キレート剤(金属イオンによる品質低下の防止)

精製水:基剤

>化粧品人気ランキング

化粧品人気ランキング

シャンプー、トリートメント、洗顔料、クレンジング、クリーム、化粧水、美容液、乳液の人気ランキングです。

CTR IMG